このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

線彫六地蔵尊像

ページ番号:238-720-424

更新日:2018年10月1日

(読み方)せんちょう ろくじぞう そんぞう

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成23年3月22日
  • 種別 彫刻
  • 所在地 松本市波田6011
  • 所有者 盛泉寺
  • 時代区分 江戸時代前期

波田地区最古のお地蔵様

波田地区のなかで、造立年代の刻まれたもっとも古い地蔵尊で、高さは66~90cm、幅は44~56cmです。自然石に線彫で六地蔵が刻まれていますが、当時の人々の頼みで、名もなき石工が刻んだものではないかと推測されます。1体ごとに表情が異なり、素朴な味をもっているため、かえって趣が深いものになっています。いずれの像にも、寛永12年 (1635) 6月吉日の記年がありますが、これは若澤寺参道に丁石が建てられた年月と一致しており、その頃の村人の信仰心の高まりが偲ばれます。

(向かって左の像から造立者銘)
施主 大瀬伝衛門/□□□□□
施主 □氏左衛門
施主 倉沢祢衛門
施主 上條長衛(以下埋没)
施主 (判読困難)
施主 竹田□元衛門

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。