このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

小室七日山金比羅宮参道石仏群

ページ番号:509-795-602

更新日:2018年10月1日

(読み方)おもろ なのかやま こんぴらぐう さんどう せきぶつぐん

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成20年(2008)12月22日
  • 種別 歴史資料
  • 所在地 松本市梓川梓6930
  • 所有者 小室町会金比羅宮氏子
  • 時代区分 江戸時代

持病を治した観音様

 梓川地区でただ一カ所の石仏群は、梓川地区小室の七日山にある金比羅宮の参道にあります。
 金比羅宮は、文政5年(1822)に小室菰立(こもたて)山に勧請(かんじょう 神仏の分霊を移してまつること)されたものです。天保6年(1835)ころ、和田村久右衛門が金比羅宮のふもとに観音像を建てたところ、持病が治ったのが評判になり、5~6年のうちに88体の石仏が建てられ、毎日のように参拝者が列をなしたと伝えられています。
 その後、明治23年(1890)には、金比羅宮は現在の地に移され、本殿はふもとに下げられ鞘堂(さやどう 本体の建物を覆うように建てられた建物)の中に収められていましたが、地元の小室地区の皆さんが整備をされ、現在の姿になっています。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。