このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

若澤寺参道丁石

ページ番号:623-965-015

更新日:2018年9月28日

(読み方)にゃくたくじ さんどう ちょうせき

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成23年3月22日
  • 種別 歴史資料
  • 所在地 松本市波田4570 ほか
  • 所有者 上波田高齢者クラブ ほか
  • 時代区分 江戸時代

若澤寺にゃくたくじまでの道標みちしるべ

往時、信濃日光と呼ばれた若澤寺跡への参道沿いに、高さ70~130cmの丁石10基が残されています。
平安時代の密教寺院の多くは俗塵を離れた山中に建てられ、修学研鑽の場としました。参道が山中で長いことから、寺まで何丁(町)、奥の院まで何丁と、道標を兼ねて、入口を起点とし1丁(約109m)ごとに丁石が建てられました。

若澤寺表参道(上波田阿弥陀堂から水沢山林道を登る経路)では、仁王門を入口とし、1丁進むごとに2丁、3丁、と数を増し、18丁目で若澤寺に至るようになっていました。現在9基確認されている表参道の丁石(4丁・7丁・10丁・13丁・14丁・15丁・16丁及び丁数不明のもの2基)の造立年代は、寛永12年(1635)6月吉日の同一日で、施主は地元や近隣の人々で、いずれも上部に阿弥陀三尊の種子(梵字)が刻まれています。各丁石には、空海の説いた「十住心論」にもとづき、それぞれの住心を配当し、参詣者は1丁進むごとに邪心を追い払い菩提心を高めながら、若澤寺水澤観音のもとへと登って行ったのでしょう。

なお、裏参道(盛泉寺の南から山道を登る経路)では、12丁目の丁石1基だけが確認されています。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。