このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

経筒

ページ番号:571-719-423

更新日:2018年10月1日

(読み方)きょうづつ

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成21年(2009)12月22日
  • 種別 考古資料
  • 所在地 松本市内田2573
  • 所有者 牛伏寺
  • 時代区分 平安時代

末法への祈りの形

 この経筒は、鉢伏山中腹の経塚から出土したと伝えられています。
 経塚とは、平安時代に末法思想が広がった際に、仏法の滅亡に備えて経典等を地中に埋納した場所で、経筒はその経典を経塚に納めるための容器です。
 経筒は銅鋳製で、重さ2.5kgの重厚な造りです。蓋径12.6cm、底径12.5cm、高さ23.8cmの円筒形です。現在、蓋と身はサビついて開くことはできません。銘文がないため、はっきりとした制作年代はわかりませんが、作り方や大きさから12世紀後半頃のものと考えられます。

 この他に、市内での経筒の出土例は、入山辺地区の旧海岸寺の寺域付近で見つかった旧海岸寺経塚出土品(松本市重要文化財)の中に、平安時代の経筒があります。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。