このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

廣澤寺堆朱菊花文香合

ページ番号:173-466-197

更新日:2018年10月1日

(読み方)こうたくじ ついしゅ きっかもん こうごう

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 昭和36年(1961)1月24日
  • 種別 工芸品
  • 所在地 松本市里山辺5112
  • 所有者 廣澤寺
  • 時代区分 室町時代

開山雪窓一純禅師ゆかりの品

 この香合(こうごう)は、廣澤寺の開山雪窓一純禅師が所持したものとして同寺に伝わったものです。香合は香料を入れる容器のことで、香箱ともいいます。
 この香合は、直径16.7cm、高さ3.5cmで、円形の合口造りの合子形で、蓋(ふた)裏と身の底及び身の内は黒漆塗り、身の底の左側には「楊茂造」の針書銘があります。また、蓋裏には雪窓の文字と花押(かおう)が朱筆で書かれています。堆朱(ついしゅ)の文様は菊花文で、菊花、枝菊、つぼみをあしらい、中央の菊花は七宝つなぎ文、花菱亀甲、身の文様は菊花文半開花二輪、つぼみ4個をあしらっています。なお、堆朱とは朱漆を100回内外塗り重ね、その漆の層に山水、花鳥、人物などを彫り出したものをいい、香合の他に盆や印籠(いんろう)にみられます。
 開山雪窓一純和尚は、室町時代の宝徳元年(1449)の晋山(しんざん)とあるので、香合の製作年代も同時代と推定されます。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。