このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

常光寺木造毘沙門天立像

ページ番号:101-315-815

更新日:2018年10月1日

(読み方)じょうこうじ もくぞう びしゃもんてん りゅうぞう

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 平成20年(2008)12月22日
  • 種別 歴史資料
  • 所在地 松本市保福寺町142-2
  • 所有者 保福寺町町会
  • 時代区分 江戸時代

小像ながら調和のとれた像

 この像は、江戸時代後半のものと思われ、像高44.7cm、桂材を用いた寄木造により制作されています。同じ四賀地区の金山町にあった真龍寺が明治時代初めに廃寺となった際に、この像と不動明王が常光寺に移されたとの伝承があります。
 造立当初は、裳部に金泥(きんでい)による華やかな彩色が施されていたものと推定されますが、現状は、護摩などの煤煙により黒ずみ、わずかにその文様が確認されるのみです。
 像容は通例にならう毘沙門天(びしゃもんてん)像で、甲(よろい)を着し、左手を曲げ、手のひらに宝塔(ほうとう)を持ち、高く上げた右手には戟(げき)を持っています。左腰をややひねり、重心を左脚にかけ、右側を一歩踏み出す姿で邪鬼(じゃき)を踏みつけています。顔の表情は、瞋目閉口(しんもくへいこう 目をいからせ、口を閉じた姿)の忿怒相(ふんぬそう 怒りの形相)ですが、怒りをあらわにはしていません。また邪鬼もユーモラスな表情を示し、岩座に脚を曲げてはいつくばっています。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。