このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

神宮寺の薬師如来坐像

ページ番号:946-407-197

更新日:2018年10月1日

(読み方)じんぐうじ の やくしにょらい ざぞう

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 昭和63年3月17日
  • 種別 彫刻
  • 所在地 松本市浅間温泉3-21-1
  • 所有者 神宮寺
  • 時代区分 平安時代

薬師瑠璃光如来の慈眼輝く

神宮寺薬師堂本尊で衲衣(のうえ)は左肩をおおい、左手は屈臂し、膝の上に安んじて薬壷を持ちます。右手も屈臂、施無畏(せむい)の印をあらわし、右足を外に結跏趺坐(けっかふざ)しています。
膝前、両手、鼻は後補です。
螺髪(らほつ)、面相、躰の感じの優しさから平安時代後半の作と推定されます。

神宮寺は医王山神宮寺といわれ、浅間神社の別当寺(神社に付属しておかれた社僧の寺のこと)であり、平安から鎌倉時代を通じての古刹となりました。
寺伝によれば罹災・廃寺の難があったとされ、当像も傷みが著しいですが、整った美作です。
薬師堂は昭和23年(1948)に再建されました。国宝の奥州平泉の金色堂を模した昭和のかたち良きお堂です。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。