このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

童子坐像 附 子持石

ページ番号:479-681-121

更新日:2018年10月1日

(読み方)どうじ ざぞう つけたり こもちいし

  • 指定等区分 松本市重要文化財
  • 指定年月日 昭和37年8月31日
  • 種別 彫刻
  • 所在地 松本市内田2573
  • 所有者 牛伏寺
  • 時代区分 室町時代

和童、円満児

檜(ひのき)を用いた寄木造の子どもの姿をした坐像です。片膝を立てて坐り、右手に宝珠を持ち、左手は握りしめています。胡粉彩色をほどこしてありますが剥落が多いです。まとっている裳(も)には彩色模様があり、かわいらしい面相をしています。室町時代末の製作と考えられ、像高は47cmを測ります。 不妊の女性でもこの像を抱けば懐妊すると伝えられる、いわゆる「おからこ」の像です。附(つけたり)指定となっている子持石にも同様の子授けの伝承があります。この民間信仰は今なお続いており、民俗学的な見地からも注目されます。また、人形彫刻の源流を語る資料であり、貴重な坐像といえます。

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

重要文化財(美術工芸品)

このページを見ている人はこんなページも見ています

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。