このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

指定文化財保存活動団体への補助金について

ページ番号:555-263-034

更新日:2017年9月13日

補助金の概要

 松本市では指定した文化財を保護するため、指定文化財を保護・活用するための事業を所有者以外の公共的団体が行う場合について、補助金を交付しています。

補助対象事業

 指定文化財の保護、保存及び教育普及を目的として活動する団体が行う事業で、地域づくりに資する事業として市長が認めたもの。(「松本市文化財保護事業補助金交付要綱」の第2条表の5を参照)

※ 「地域づくりに資する事業として市長が認めたもの」の判断に当たっては、文化財課が事業の実施状況を勘案することに加え、補助事業申請時には、文化財課から団体が活動する文化財が所在する地区の地域づくりセンター長へ、団体の活動に対する意見書を求めます。

補助対象となる経費

一般経費

上限を5万円として、補助対象経費の10分の8以内
<補助対象となる経費の事例>
・保存・整備活動を行う際の消耗品費
・整備作業時の飲料費
・研修会等のバスの借上げ費用や講師謝礼
・団体で作成する配布用の説明書やパンフレット等の印刷費 (団体で原稿の作成、印刷を行う場合)
など
(注) パンフレット等の作成・印刷を業者に委託する場合は、補助率は10分の5を上限とします。

実費経費 (5万円の範囲内で、上記一般経費に加算できます)

<補助対象となる経費の事例>
・整備に使用する草刈機などの燃料費
・整備に使用する草刈機などの替刃の購入費
など
(注) 史跡など広範囲にわたる文化財の保存整備活動でのみ対象となります。
    (無形民俗文化財等の保存活動では対象になりません)

補助対象外の経費

・団体の運営にかかる費用(会員募集のチラシの作成 等)
・食糧費(整備作業時の飲料費を除く)
・作業や研修会のための保険料
・団体の備品となる機材(草刈機など)の購入費
・機材の保守経費
・人件費
など

提出書類(各種様式)

申請時

交付申請書(様式第1号)

収支予算書(様式第2号)

その他(任意の様式)
・事業を実施しようとする箇所又は地域を示す写真及び見取図
・事業に係る設計書、設計図及び見積書並びに事業の内容及び実施の方法を詳細に記載した書類
・事業に要する経費に関する会議録、定款又は規約等に定める手続を経たことを証する書類

実績報告時

実績報告書(様式第3号)

収支精算書(様式第4号)

その他(任意の様式)
・支出の明細を示す書類(レシート、領収書等の提出でも可)
・事業の実施経過及び成果を示す写真
・作業の開催通知、作業の日程表、参加者一覧
など

補助金の申請について

 新たに補助金の申請を検討される団体は、申請前に文化財担当へ詳細についてお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。