このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

了智上人の墓

ページ番号:255-847-011

更新日:2018年9月28日

(読み方)りょうちしょうにんのはか

  • 指定等区分 松本市特別史跡
  • 指定年月日  昭和42年2月1日
  • 種別  遺跡
  • 所在地 松本市島立4900 (薬師堂境内墓地)
  • 所有者  個人
  • 時代区分 鎌倉時代

弥陀みだ名号みょうごう唱えつつ詣る

了智上人(りょうちしょうにん)は、俗名を佐々木四郎高綱という近江(現在の滋賀県)出身の武士であったとされます。 佐々木高綱は、源頼朝に仕えて軍功があり、ことに寿永3年(1184)木曽義仲追討の宇治川の戦いのとき、梶原景季と功を競って先陣の名乗りを上げたことで知られます(平家物語・源平盛衰記・吾妻鏡等)。鎌倉幕府成立後出家し、親鸞(しんらん)上人の門に入り各地を修業、当地において浄土真宗正行寺を開創したと伝えられ、現在地に墓地があります。

墓地は江戸時代に改修され、墓石を中心に松・栗・柏(かしわ)・菩提樹(ぼだいじゅ)が植えられ、献納の石燈籠が建てられ、整然としています。墓石は、台石の高さ0.4m、横1.78m、碑高2.05mの自然石で、次のような銘文があります。
(表)釈了智上人
(裏)佐々木四良高綱
承久三年辛巳十月廿五日

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所6階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3299

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。