このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

旧町名標識を巡るウオーキングをしてみませんか?

ページ番号:430-137-920

更新日:2018年8月9日

昔の町名を示す「旧町名標識」

松本市には、現在の住居表示から消えてしまった町名がいくつもあります。
松本市教育委員会では、江戸時代から昭和初期までにあった町名の記憶を残すため、昭和62年から平成18年にかけて「旧町名標識(旧町名碑)」を130本余り製作し、該当する場所に建てました。
旧町名標識には、江戸時代末期の旧町名については細長い石柱を、昭和時代初期の旧町名については板状の石材を使用しており、その町名由来も記されています。

旧町名標識 六九町
六九町 (千歳橋北側) ※江戸時代末期の旧町名には、細長い石柱を使用しています。 

旧町名標識 分銅町
分銅町(こまくさ通り) ※昭和時代初期の旧町名には、板状の石材を使用しています。

現在、松本市では、「健康寿命延伸都市」として、「市民歩こう運動」を推進しています。
旧町名標識をたどる自分だけのウオーキングコースを作って、松本の歴史に親しむとともに、健康づくりにも役立ててみませんか?
(注意)旧町名標識のある場所は、交通量が多い場所、道が細い場所もあります。安全には十分お気を付けください。
 

旧町名標識のある場所

松本市内にお住まいの方が、ご自身で旧町名標識を取材し、写真と地図を記載したブログを作ってくださいました。
旧町名標識のある場所を、お手持ちの地図等に書き写し、自分だけのウオーキングコースを作って、歩いてみましょう。

旧町名標識のブログ「信州松本、街、人、暮らし」はこちらです!

リンク先のブログには、旧町名の由来と標識の写真が掲載されています。
【 】のついた町名、または”【地図】”となっている部分をクリックすると、その旧町名標識の位置図が表示されます。

ブログイメージ
ブログイメージ

松本旧町名碑マップ

「松本旧町名碑マップ」は、平成29年に、松本市立博物館と松本のまちづくりを考える女の101人会議が協働で製作したマップです。
130本余り立てられている旧町名標識のうち、市街地中心部にある124本について、設置場所と町名由来がわかりやすく記されています。
以下のとおり、博物館施設5館と、市民活動サポートセンター(大手事務所2階)、文化財課(大手事務所3階)でご希望の方に無料で配布しておりますので、窓口へお問合せください。

1 松本市立博物館 本館(電話0263-32-0133)
2 重要文化財旧開智学校校舎(電話0263-32-5725)
3 松本市時計博物館(電話0263-36-0969)
4 松本市はかり資料館(電話0263-36-1191)
5 旧制高等学校記念館(電話0263-35-6226)
6 市民活動サポートセンター(電話0263-88-2988)
7 文化財課(電話0263-34-3292)

松本旧町名碑マップ 表紙
松本旧町名碑マップ 表紙

松本旧町名碑マップ(部分)
松本旧町名碑マップ(部分)

旧町名標識 一覧表

旧町名標識の一覧表(あいうえお順)です。
ウオーキングをする際の目印も記載していますので、ご参照ください。
なお、旧町名の読み方については、おもに現在の町会名をもとに表記しています。時代によって読み方が変わる場合もありますのでご了承ください。

一覧表イメージ
一覧表イメージ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育部 文化財課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)
電話:0263-34-3292 FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。