このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

退職所得に対する市県民税の特別徴収

ページ番号:696-806-443

更新日:2014年9月16日

退職所得に対する市県民税

 退職所得に対する市県民税については、所得税と同様に、他の所得と区分して退職手当等の支払われる際に支払者が税額を計算し、退職手当等の支払金額からその税額を差し引いて、市町村に納入することとされています。

納入先

 退職者の退職手当等の支払いを受けるべき日(通常は退職した日)の属する年の1月1日現在における住所地の市町村

納入方法

 徴収した月の翌月10日(休日の場合は翌日)までに、納入書の「退職所得分」に金額を記載して、金融機関等で納入してください。
 また、納入書裏面の納入申告書に税額の内訳等もご記入ください。
 なお、個人事業主の方は納入書裏面は記載せず下記より納入申告書をダウンロードしていただき、事業主様の個人番号を記載の上ご提出ください。また、ご提出の際には本人確認(番号確認+身元確認)が必要となります。
 
 納入書が必要な場合は、市民税課までご連絡ください。

計算方法

1.退職所得控除額を計算します。

退職所得控除額の計算方法
勤続年数 退職所得控除額
20年以下の場合

40万円×勤続年数  (80万円に満たないときは、80万円)

20年を超える場合 800万円+70万円×(勤続年数-20年)

*障害者に該当することとなったことにより退職した場合には、上記金額に100万円加算されます。

2.退職所得金額を計算します。
 退職所得金額=(収入金額-退職所得控除額)×1/2 
 (千円未満切り捨て)
 *平成25年1月1日以降に支払われるべき退職手当等で、勤続年数が5年以内の法人役員等については、上記計算式の1/2は廃止されました。

3.特別徴収税額を計算します。
市民税額=退職所得金額×6% (100円未満切り捨て)
県民税額=退職所得金額×4% (100円未満切り捨て)
特別徴収税額=市民税額+県民税額

お問い合わせ

財政部 市民税課
電話:0263-34-3232 FAX:0263-36-9345

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。