このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

スイス連邦ベルン州グリンデルワルト村

グリンデルワルト村について

インターラーケンから始まるユングフラウ地域はスイスを代表するアルペン・リゾートで、その中でもとくに名高く、また日本人旅行者に人気が高いのが、ここグリルデンワルトです。有名なアイガー(3,970メートル)とヴェッターホルン(3,701メートル)の麓に広がるこの村は人口3,750人程、標高は1,034メートルで、日本なら軽井沢に近い高度です。
 地名の由来は、かつてこの地に住んでいたケルト人の言葉で<砕石と森>と言われています。谷を埋めていた氷河が後退すると共に、氷河が運んだ氷堆石と森が混じった風景になり、そこから生まれたとされています。
 グリンデルワルトは、大正3(1914)年にユングフラウなどを登った辻村伊助の『スゥイス日記』で日本に紹介され、大正10年には槙有恒が地元ガイドと共にアイガー東山稜(ミッテルレギ稜)の初登攀に成功し、村では花火を上げて祝いました。
 その後も浦松佐美太郎がヴェッターホルン西山稜を初登攀、松方三郎、藤木九三、田口次郎や秩父宮殿下が、登山のためにグリンデルワルトを訪れています。
 こうした日本との結びつきを踏まえて、1972年4月20日に旧安曇村(現松本市)と姉妹提携を結び、松本市との合併後も引き続き交流を続けます。

グリンデルワルト村概要

  • 人口 約4000人
  • 面積 171平方キロメートル
  • 特産品 酪農製品

自然環境など

(写真提供、日本語観光案内所、グリンデルワルト村観光局)

交流の歴史

グリンデルワルト村公式ホームページ等はこちらから

お問い合わせ

政策部 都市交流課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号
電話:0263-34-3000 内線1081 FAX:0263-34-3201

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。