このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

国保に加入するとき、やめるとき

ページ番号:652-258-734

更新日:2016年4月29日

職場の健康保険(健康保険組合や共済組合など)に加入している人や生活保護を受けている人を除く全ての人が、国保に加入します。

 
 次のようなときは、14日以内に届け出をお願いします。
 なお、それぞれの届け出には、印鑑が必要です。印鑑を忘れずにご持参ください。
 また、届出時に本人確認をさせていただきますので、個人番号カ-ドまたは通知カード、本人確認のできる書類(運転免許証、住民基本台帳カード、パスポートなどの身分証明書)をご持参ください。

加入時
こんなとき 届け出に必要なもの
職場の健康保険をやめたとき 職場の健康保険をやめた証明書
職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき 被扶養者でなくなった証明書
他の市区町村から転入したとき(職場の健康保険に加入していない場合) 他の市区町村の転出証明書
(転入の手続きをお願いします)
子どもが生まれたとき 保険証、母子健康手帳
出生届をお願いします。
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書
外国人が加入するとき 外国人登録証明書
(在留期間が1年以上)
やめるとき
国保をやめるとき 届出に必要なもの
職場の健康保険に加入したとき 国保と職場の健康保険の両方の保険証
職場の健康保険の被扶養者になったとき (職場の保険証が未交付の場合、加入したことを証明するもの)
後期高齢者医療制度の対象となったとき 75歳以上になって対象となったときは届け出不要
75歳未満の社保等の被扶養者は届出が必要です。
外国人がやめるとき 保険証、航空チケット等(出国日のわかるもの)
他の市区町村に転出するとき 保険証(転出の手続きをお願いします)
国保の被保険者が死亡したとき 保険証、死亡を証明するもの
(死亡届をお願いします)
生活保護を受けるようになったとき 保険証、保護開始決定通知書
  • 「職場の健康保険をやめたとき」のうち、社会保険等の任意継続の有効期限が切れる場合の手続きは、資格喪失日の14日前から届け出を受け付けます。
    例:3月31日まで有効のもの(4月1日が資格喪失日)の場合、4月1日から起算して14日前の、3月19日から届け出を受け付けます。
その他
その他届け出が必要なとき 届け出に必要なもの
保険証をなくしたとき
(あるいは汚れて使えなくなったとき)
顔写真のついた身分を証明するもの(運転免許証、パスポートなど)
就学のため、別に住所を定めるとき 保険証、在学証明
(学生用保険証の手続きをお願いします)
就学が終了したとき 学生用保険証から一般保険証加入への手続きが必要となります。
市内で住所が変わったとき 保険証
(住民異動の手続きをお願いします)
世帯主の氏名が変わったとき
世帯が分かれたり、いっしょになったとき
退職者医療制度の対象になったとき 保険証、年金証書
  • 保険証をなくしたときは保険課、その他のときは市民課かお近くの支所か出張所で、届け出、手続きをお願いします。
  • なお、あがたの森文化会館、なんなんひろば、駅前会館、総合社会福祉センターでは取扱いができません。

お問い合わせ

健康福祉部 保険課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3216 FAX:0263-39-2523

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。