このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

特定疾病療養受療証の交付

ページ番号:528-103-187

更新日:2021年5月14日

長期間にわたって高額な治療を必要とする下記の疾病の方は、各健康保険制度で所定の手続きをすると、自己負担限度額が1医療機関につき、10,000円(月額)となります。

対象疾病

人工腎臓を実施している慢性腎不全(人工透析)

※人工透析を要している70歳未満の上位所得者(基礎控除後の年間所得額が600万円を超える世帯の方)は、自己負担限度額が20,000円(月額)となります。

血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害又は先天性血液凝固第9因子障害(血友病)

抗ウィルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定めるものに係るもの。)

認定証の申請方法について

持ち物

     保険証
     本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)
     国民健康保険特定疾病申請書(「医師等の意見欄」に証明があるもの) 申請書のダウンロード
     ※ 前の健康保険で認定を受けていた場合は、「医師等の意見欄」の証明の代わりに、
      前の健康保険加入時の特定疾病療養受療証の写しでも申請が可能です。

窓口

     保険課又は西部福祉課窓口の場合
      申請書へ記入していただき、その場で証交付となります。
     各支所・出張所窓口の場合
      申請書へ記入していただき、認定証は後日保険課から郵送します。
    
    (注意)
      申請時の審査(保険税の滞納状況など)により、認定証を交付できない場合があります。

お問い合わせ

健康福祉部 保険課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3216 FAX:0263-39-2523

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。