このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

出産費資金貸付制度

ページ番号:406-627-160

更新日:2016年7月27日

 出産育児一時金の支給が見込まれる方で、出産育児一時金が支給される間、出産に要する費用の支払いなどが困難な方に、出産育児一時金の一部を先払い的に貸付をする制度です。


出産育児一時金貸付制度
貸付対象   国保税に滞納のない方で
出産予定日まで1ヶ月以内の方
妊娠4ヵ月以上で、保険医療機関等から出産に要する費用について請求を受けた方
貸付額 323,200円(出産育児一時金404,000円の8割)が貸付限度額です。(無利子)
◆平成27年1月から産科医療補償制度加入医療機関で出産される場合は336,000円(出産育児一時金420,000円の8割)となりました。
貸付金の返還 支給される出産育児一時金の中から、貸付金をお返しいただき(相殺)、残りの差額を支給します。
(貸付の申込み時に、停止条件付相殺契約を締結します。)
申込みに必要なもの ・ 国保の保険証
・ 母子手帳
・ 世帯主の銀行振込口座のわかるもの
・ 印鑑

※ 社会保険に1年以上加入していて、国保加入後6ヶ月以内に出産予定の方は、社会保険の貸付制度をご利用ください。

お問い合わせ

健康福祉部 保険課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3216 FAX:0263-39-2523

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。