このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

住民基本台帳カード用の電子証明書の交付終了について

ページ番号:780-946-466

更新日:2016年10月1日

 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入に伴い、平成28年1月から電子証明書が標準登載された個人番号カードの交付が開始されました。
 このため、平成27年12月をもってe-Taxなどの電子申請に使用する住民基本台帳カード用の電子証明書の発行・交付を終了しました。

住民基本台帳カード用の電子証明書の有効期限

 電子証明書の有効期限は、交付された日から3年間となっています。
 平成27年12月22日(火曜日)までに交付された住民基本台帳カード用の電子証明書は、たとえ平成28年1月以降から新しいカード「個人番号カード」の交付が開始されても、「電子証明書の写し」の有効期限満了日まで引き続き利用できます。
 ※電子証明書の有効期限は、電子証明書発行時にお渡しした「電子証明書の写し」でご確認できます。
   また、下記のリンク「電子証明書の有効期限を確認する」でも確認できますので、ご活用ください。

電子証明書の写し

e-Taxを利用して確定申告される方へ

 下記のリンクを参照してください。

個人番号カードを希望される方へ

 個人番号カードと住民基本台帳カードを重複して所持することができません。
 個人番号カードを交付する際に、住民基本台帳カードを回収させていただきます。

関連リンク

お問い合わせ

総務部 市民課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号
電話:0263-33-9841 FAX:0263-37-0125

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。