このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

特殊詐欺情報

ページ番号:718-327-874

更新日:2015年9月28日

松本市消費生活センターに寄せられた特殊詐欺に関する情報を掲載します。

相談内容

 「市役所福祉課を名乗り、『H21~23までに払い過ぎた37,500円が戻ります』と言われた。
 口座のある銀行名と携帯番号を聞かれ、『30分から60分後に取引のある銀行から電話が行く』と言われた。
 その後、取引銀行を名乗って電話があり、市内の○○商業施設のATMに携帯とキャッシュカードを持っていくように言われた」というご相談がありました。
 このご相談のケースは、何の還付か伝えていないものです。犯人グループは、同じ部屋で、市役所職員や銀行員になりすまして電話をかけてきています。

アドバイス

 市役所を名乗って健康保険や介護保険料、また税金等の払い過ぎについて、
ATMを操作しての返金は行っていません
このような電話がありましたら、「市役所の担当課へ連絡します」と手短に電話を切り、
取引銀行や携帯番号などの個人情報は絶対に伝えてはいけません

消費生活センターからのお願い

 松本市内の特殊詐欺被害状況は、昨年同時期と比べて、認知件数は2倍、被害額が3倍となっています。
 オレオレ詐欺は、親心に入ってくる詐欺です。
 最近の架空請求詐欺は、電話がかかってきて、いきなり「名義を貸したのは違法だ」などと脅してお金をだまし取るケースが多いようです。

少しでも変だなと感じたら、

まずは、松本市消費生活センター(電話0263-36-8832)か
     松本警察署(電話0263-25-0110)
または、身近な方にご相談ください

  1. 詐欺は相手にしない。
  2. 個人情報は絶対に話さない。
  3. 知らない相手からの電話は、「私は一切お断りしています」と15秒以内に切りましょう。
  4. オレオレ詐欺は、親心に入り込んでくるものです。普段から息子や孫とオレオレ詐欺について話しましょう。
  5. 若年層がお金の運び屋として捕まるケースが増えています。身内から犯罪者を出さないように、特殊詐欺やお金の使い方について家族で話し合いましょう。

お問い合わせ

危機管理部 消防防災課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎別棟1階)
電話:0263-33-1191 FAX:0263-33-1011

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。