このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

学校評議員運営要綱

ページ番号:387-390-637

更新日:2017年1月24日

学校評議員運営要綱

松本市学校評議員運営要綱(平成12年9月1日松本市教育委員会告示第29号)
 (趣旨)
 第1条 この要綱は、松本市立小・中学校、幼稚園管理規則(昭和38年教育委員会規則第2号)第20条の3第2項の規定に基づき、保護者及び地域住民等の意向を反映させるとともに、その協力を得て、地域に開かれた特色ある学校運営を推進するために設置する学校評議員について必要な事項を定めるものとする。
 (職務)
 第2条 学校評議員は、校長の求めに応じ、教育活動の実施、地域社会及び家庭との連携の促進その他の学校運営に関する事項に関し、意見を述べるものとする。
 (委嘱)
 第3条 学校評議員は、当該学校の職員以外の者で教育に関する理解及び識見を有する者のうちから、校長の推薦により教育委員会が委嘱する。
 (定数)
 第4条 学校評議員の定数は、1校当たり8人程度とする。
 (任期)
 第5条 学校評議員の任期は、委嘱の日からその年度の末日までとする。ただし、再任を妨げない。
 2 学校評議員に欠員が生じた場合における補欠員の任期は、前任者の残任期間とする。
 (運営)
 第6条 学校評議員の運営は、校長の責任及び権限において行うものとする。
 2 校長は、学校評議員に対し、学校運営の状況等を周知する等の説明責任を果たすものとする。
 3 校長は、学校評議員個別に意見を求めるものとし、学校評議員が会して意見交換をするための会議(以下「学校評議員会」という。)を年2回以上設け、これを主宰するものとする。
 4 校長は、必要に応じ、職員に学校評議員会の運営を補佐させることができる。
 (位置付け)
 第7条 学校評議員は、学校の校務分掌に位置付けるものとする。
 (守秘義務)
 第8条 学校評議員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。学校評議員の職を退いた後も、また同様とする。
 (補則)
 第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会が別に定める。
 附則
  この告示は、平成12年9月1日から施行する。


松本市・山形村・朝日村中学校組合学校評議員運営要綱(平成12年9月8日松本市・山形村・朝日村中学校組合教育委員会告示)


 (趣旨)
 第1条 この要綱は、松本市・山形村・朝日村中学校組合立中学校管理規則(昭和40年教育委員会規則第7号) 第19条の3第2項の規定に基づき、保護者及び地域住民等の意向を反映させるとともに、その協力を得て、地域に開かれた特色ある学校運営を推進するために設置する学校評議員について必要な事項を定めるものとする。
 (職務)
 第2条 学校評議員は、校長の求めに応じ、教育活動の実施、地域社会及び家庭との連携の促進その他の学校運営に関する事項に関し、意見を述べるものとする。
 (委嘱)
 第3条 学校評議員は、当該学校の職員以外の者で教育に関する理解及び識見を有する者のうちから、校長の推薦により教育委員会が委嘱する。
 (定数)
 第4条 学校評議員の定数は、1校当たり8人程度とする。
 (任期)
 第5条 学校評議員の任期は、委嘱の日からその年度の末日までとする。ただし、再任を妨げない。
 2 学校評議員に欠員が生じた場合における補欠員の任期は、前任者の残任期間とする。
 (運営)
 第6条 学校評議員の運営は、校長の責任及び権限において行うものとする。
 2 校長は、学校評議員に対し、学校運営の状況等を周知する等の説明責任を果たすものとする。
 3 校長は、学校評議員個別に意見を求めるものとし、学校評議員が会して意見交換をするための会議(以下「学校評議員会」という。)を年2回以上設け、これを主宰するものとする。
 4 校長は、必要に応じ、職員に学校評議員会の運営を補佐させることができる。
 (位置付け)
 第7条 学校評議員は、学校の校務分掌に位置付けるものとする。
 (守秘義務)
 第8条 学校評議員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。学校評議員の職を退いた後も、また同様とする。
 (補則)
 第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会が別に定める。
附則
 この告示は、平成12年9月8日から施行する。

お問い合わせ

教育部 教育政策課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所4階)
電話:0263-33-3980 FAX:0263-33-3934

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。