このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

食品

ページ番号:760-932-299

更新日:2018年7月4日

菓子製造業

菓子製造業

 松本は、城下町として栄え、お城に出入りする商人らを中心に菓子づくりが始められました。松本は年間を通じて湿度が低く、地下水が豊富なため、生菓子・半生菓子が多く作られ、全国的にも有数の菓子の産地として知られています。半生菓子とは、カステラやあんものを中心とした菓子を自然乾燥させて、日持ちを良くしたものです。
 松本では、生菓子・半生菓子に限らず、和菓子、洋菓子づくりも盛んで、100軒を超える菓子屋が独自の味を競い、くるみや栗などこの地域ならではの材料を生かした、バラエティーに富んだ菓子が作られています。
 また松本平はその乾燥した空気と清冽な水をもって飴あめ作りも盛んな土地で、江戸時代創業の老舗の飴屋も数多く見られます。新年のイベントである「松本あめ市」ではさまざまな種類の飴が市内を彩ります。

漬物製造業

漬物製造業

 山国信州では冬が長いので、保存食としての漬物が各種あり、食卓を彩っています。松本を代表する漬物は、野沢菜漬、セロリー粕漬、わさび漬、各種みそ漬などです。
 漬物は、野菜を生食するために、昔から行われてきた保存食ですが、「ビタミン類・食物繊維が豊富である」、「疲労回復の役目をするアルカリ性食品の代表格である」、など現代の栄養学から見ても、理想的な食品であることが分かりました。
 漬物は塩分が多いと思われがちですが、野沢菜3~4%、白菜2.6%、わさび漬2.4%と、醤油6.6%に比べ多くはありません。業界では、いかに塩気を抑えておいしく作るかの研究をしています。松本平の豊かな農産物から作られる漬物で、健康な体づくりをしてみませんか?

酒製造業

酒製造業

 日本の屋根北アルプスを望み、その山々を源とする豊富な伏流水(ふくりゅうすい)は酒造りに適したミネラルを豊富に含み、麹菌(こうじきん)を良い状態で育成させ、酒母(しゅぼ)や醪中(もろみちゅう)で蒸し米が良く溶けるよう酵素の作用を助けます。
 湿度の少ない爽やかな夏、きびしい寒気が一段と冴える冬、どこまでも澄んだ空気、四季折々の自然環境が良質の酒米を産出します。酒造りに必要な全てを備えた信州松本でこそ醸し出せる日本酒の魅力がそこにあります。
 米を選び水を選びそして仕込み、発酵、ろ過、火入れと、気の抜けない行程を一つ一つ慈しむように長い時間をかけゆっくりと醸される信州松本平の清酒。長野県酒造組合松本支部に所属する酒蔵は、品質本位の酒造りを心掛け、手造りにこだわり、この地の自然や風土に根付いた地酒造りを伝承しています。
 「酒は百薬の長」とも言われますように、日本酒には、ビタミン、アミノ酸、ペプチド、麹(こうじ)酸など新陳代謝を高める成分がたくさん含まれており、善玉コレステロールを増やす効果があります。美容と健康のために適量飲酒で、松本平の地酒を楽しんでみてはいかがでしょうか?

味噌・醤油製造業

味噌・醤油製造業

 松本は、清冽な雪どけ水と澄んだ空気に恵まれ、味噌をはじめとする諸醸造の食品に適した土地柄です。各工場では味噌玉をつくり一年以上熟成させる昔ながらの製法で造っている味噌、天然赤味噌の二年味噌、三年味噌などの長熟味噌などが造られ、それぞれ根強い人気を持っています。
 味噌は、良質のタンパク源である大豆を原料としており、炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラル・灰分など、体調を整えるのに必要な必須アミノ酸が10種類以上も含まれた、栄養補給という点において理想的な食品です。その他、タバコのヤニを取り除く効果や、美肌効果、骨粗しょう症への効果など、味噌は驚くほどのパワーを秘めています。全国の味噌総生産量の30%を占める「味噌王国信州」の味噌を、ぜひご賞味ください。
 しょうゆもまた逸品揃いです。

蜂蜜製造業

蜂蜜製造業

 蜂蜜の歴史は約1万年前までさかのぼることができ、まさに人類の歴史とともにある食品のひとつです。現代では一般的なアカシアに加えて、芳醇な香りが特徴の「りんごの蜂蜜」や、ビタミンB・ビタミンPなど老化防止に効果がある栄養素が含まれる「そばの蜂蜜」など、信州ならではの蜂蜜が人気です。
 また、信州蜂の子生産組合では、ローヤルゼリー、蜂蜜、花粉を主食に育ったミツバチの幼虫を缶詰に加工して全国に出荷しています。
 山里の貴重なタンパク源として親しまれてきた蜂の子。都会を中心に抵抗を感じる方も多いと思いますが、一度食べるとやみつきになる味です。

お問い合わせ

商工観光部 商工課
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所5階)
電話:0263-34-3110 FAX:0263-34-3008

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。