このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

世界健康首都会議宣言文

ページ番号:901-453-865

更新日:2013年4月11日

平成23年12月9日(金)に開催した世界健康首都会議において、世界健康首都会議宣言を発表しました。


世界健康首都会議 宣言文
 
 
 超高齢社会において、身体と心の健康は、単に個人の問題だけではなく社会の問題でもあること、さらにそれを維持するためには、疾病予防の努力が不可欠です。
 個人の意識改革を進めるとともに、社会インフラを整え、企業と学術機関の叡智を形にする、産業化に向けての強力な営みが必要です。
 21世紀に生きる私たちの健康は、自立した生活のもとに、社会と積極的にかかわりを持ち、社会の中で自らの役割を実感して生きていくことにより、維持されるものであると考えます。
 超高齢社会に生きる市民全てが尊厳をもって生き、全員が社会の資産であり、市民一人ひとりの「いのち」と「暮らし」を大切にする、という認識を共有する社会こそが、世界の目指す「健康寿命延伸都市」であり、それは同時に世界健康首都の姿でもあります。
 私たちは、世界健康首都会議を通じて以下の7項目を共有し、21世紀の健康のあり方を世界に向けて松本から宣言します。
1 健康は、活力ある超高齢社会の源です。
2 健康は、個人の問題だけではなく、社会の問題でもあります。
3 健康は、疾病予防の努力によって支えられます。
4 健康は、快適な生活空間と環境に配慮したまちづくりによって支えられます。
5 健康には、自立した生活、社会との積極的なかかわり、さらに、社会の中で自らの役割を実感して生きていくことが求められます。
6 健康には、産業化による持続可能な社会システムの確立が不可欠です。
7 健康には、市民、企業、学術機関、行政の相互連携が大切です。
2011年12月9日
世界健康首都会議
松本市長 菅谷 昭
 

印刷はこちらから
 

The World Health Capital
ConferenceMatsumoto Declaration
Under the circumstances of the super aging society,
maintaining physical and mental health should be the major issue
not only for any individual but also for any societies in the world.
It is clear that in order to sustain citizens’ sound body
and mind, preventive care is essential.
In addition, we must encourage new ways of thinking about health,
and improve as well as enhance social infrastructures.
Also, strong initiatives will be required for creating new industries in the active super aging society,
by wisdom and cooperation of private corporations and academic institutions.
In the 21st century, we trust that our sound body and mind
can be maintained through the lifestyle with which each individual
would be able to make living by realizing his or her social role,
and participating in the society, and living an independent life.

The universal goal of the Sustainable Healthy City is
to become a society where every citizen who lives
in the super aging community enjoys his or her life with dignity,
and each one of them is deemed as an irreplaceable social asset,
and therefore, each one of citizen’s “Life” and “Existence” are highly respected.
We recognize that the above goal shall be shared by any nations and cities,
and that where such citizen lives shall be named
as the Healthy Capital in the World.
We declare the following seven messages of health city model
for sustainable aging society in the 21st century
at the occasion of the World Health Capital Conference in Matsumoto.

- Health is an essential base for an active super aging society,
- Health is not only an individual issue but also a social issue,
- Health shall be sustained through an effort of preventive care,
- Healthy society is realized by comfortable living environment
and environment friendly urban management,
- Healthy society is achieved by living an independent life,
participating in social activities, and feeling an actual self-role in the community,
- Realization of an active super aging society will create variety of new industries,
- Establish close partnerships among citizens, corporations,
academic institutes and government administration.
December 9, 2011
The World Health Capital Conference in Matsumoto
Mayor of Matsumoto City
Akira Sugenoya
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

商工観光部 健康産業・企業立地課
〒390-0811 長野県松本市中央1丁目18番1号
電話:0263-34-8303

この担当課にメールを送る

健康産業担当 電話:34-3296

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。