このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

豚コレラの発生に係る野生イノシシの死亡個体について

ページ番号:346-601-502

更新日:2019年7月25日

概要 

・令和元年7月21日に、塩尻市の野生イノシシに豚コレラの感染が確認されました。
・市内で野生のイノシシを発見された場合は、耕地林務課へご連絡ください。

死亡したイノシシを見つけたら

・死亡したイノシシは触らないようにしてください。
・発見した詳しい場所、死んでいる頭数、外傷の有無などをご連絡ください。

山林内に入る際は

 豚コレラウイルスは、イノシシのフンなどに混ざっているため、靴底や衣服に付着した土などで運ばれる恐れがあることから、感染拡大を防ぐため、下山後は、靴底などの泥をよく落としてください。
 また、下山後の1週間程度は、養豚場へ近づかないでください。

豚コレラウイルスについて 

 豚コレラは、豚やいのししの病気であり、人には感染しません。

お問い合わせ

農林部 耕地林務課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎5階)
電話:0263-34-3224

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。