このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本市地産地消推進の店について

ページ番号:663-033-703

更新日:2020年3月1日

地産地消推進の店とは

 松本市では、市民や観光客に、松本地域の恵まれた自然の下で生産された、新鮮で安全・安心な農畜産物を消費・購入する機会を増やし、地元農畜産物への理解を深めてもらうため、「松本市地産地消推進の店」登録制度がありますので、広く申請を受け付けています。
 
1 松本地域産品の定義
 (1)農産物  松本市、塩尻市、安曇野市及び東筑摩郡内で生産又は収穫をされたもの  
 (2)畜水産物 長野県内で生産又は飼育をされたもの
 (3)加工品  (1)(2)の産品を主な材料として、加工されたもの
2 登録対象
  市内に所在する、飲食店・宿泊施設・食品加工事業所、直売所・小売店・量販店等
3 登録基準
  地産地消の趣旨に賛同し、積極的に松本地域産品を活用しPRする意欲のある店
(その他については、要綱の別表を参照のこと。)
4 申請期間
 (1) 随時受付
 (2) 所定の申請書に必要事項をご記入のうえ、市農政課まで郵送又は持参してください。
●登録されると
 登録店には、登録証・登録看板を交付します。(無料)
 市のホームページ等で登録店を紹介します。


登録看板(縦30センチメートル 横14センチメートル)

登録基準

共通事項

(1)地産地消の趣旨に賛同し、積極的に松本地域産品を活用し、PRする意欲のあること。
(2)松本地域産品を使用した料理・商品を今後も増やしていこうとする意欲のあること。
(3)登録内容を市のホームページや広報等により紹介されることを承諾すること。
(4)食品衛生法等の関係法令を遵守していること。

飲食店、宿泊施設等

(1)松本地域産品を主とした料理を、年間を通じて、又はシーズン(旬)に提供し、メニュー、店内ボード等でわかりやすく表示をすること。なお、松本地域産品を主とした料理とは、その料理の主となる食材が松本地域産品であるものをいう。
(2)登録期間内に複数の松本地域産品を使用した料理を提供すること。

食品加工事業所等

食品を加工している場合においては、製造する加工食品(商品)の主たる材料に松本地域産品を使用しており、加工食品にはその旨が表示されていること。

直売所、小売店、量販店等

松本地域産品の売場を設置し、わかりやすく表示し、販売すること。(概ね8ヶ月以上)

申請にあたっては、必ず「松本市地産地消推進の店登録要綱」をお読みください。

新規登録申請書

飲食店・宿泊施設・食品加工事業所用

直売所・小売店・量販店等用

実績報告書の提出について(登録店の方へ)

松本市地産地消の店登録要綱第9条に基づき、実績報告書の提出を毎年度お願いしています。提出のない場合、登録が取消される可能性がありますので、ご注意ください。

実績報告書(飲食店・宿泊施設・食品加工事業所用)

実績報告書(直売所・小売店・量販店等用)

松本市地産地消推進の店(一覧)

松本市では、地元で生産された農畜産物やその加工品を活用する市内の飲食店等を「松本市地産地消推進の店」として登録しました。
 登録店にぜひ足を運んで、新鮮でおいしい、松本や信州の農畜産物を活用した料理・商品を堪能してください。

※「地産地消推進の店」は全ての食材について地場産の農畜産物を使用しているわけではありません。また、旬の食材や新鮮な食材、数量に限りがあるものを使った料理など、時期や時間によっては地場産の食材を提供できない場合もあります。

※メニュー等の情報に関しては、「地産地消推進の店」から提出された情報をもとに作成しておりますが、実際の内容と異なる場合もあります。詳しい内容につきましては、直接推進店にお問い合わせください。

外食の原産地表示ガイドライン(参考)

参考にしてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

農林部 農政課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎5階)
電話:0263-34-3221 FAX:0263-36-6217

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。