このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

農用地利用計画の変更(農振除外等)を受け付けます

ページ番号:694-192-634

更新日:2019年3月1日

 農業振興地域のうち農用地区域に指定された土地を農地以外の用途に転用する場合は、農地転用許可申請に先立ち、県知事同意のうえで市が定める農用地利用計画の変更(農振除外等)を行う必要があります。

農用地区域からの除外要件

除外にあたっては、(1)から(5)の全ての要件を満たす必要があります。
(1)転用計画が必要かつ適当なもので、農用地区域外に代替する土地がないこと。

  • 農用地区域以外の場所に、利用できる土地はありませんか?

(2)土地の農業上の効率的かつ総合的な利用に支障がないこと。

  • 周辺農用地の営農環境への支障はありませんか?
  • 農地の集団性を損なうものではありませんか?

(3)農用地の利用集積への支障がないこと。

  • 貸借している農地の場合、借り手の農業経営の支障となりませんか?

(4)土地改良施設の有する機能に支障がないこと。

  • 農業用用排水施設の分断や排水の阻害などの支障はありませんか?

(5)ほ場整備等の土地改良事業を実施した土地の場合、工事完了年度の翌年度の初日から起算して8年を経過していること。

  • 事業が実施中、または事業の工事完了後8年未満の土地ではありませんか?

受付期間

 平成31年4月8日(月曜日)~4月22日(月曜日)
 ※ この後の受付は、平成31年10月頃を予定しています

受付場所

 申出される各地区の地域づくりセンター(支所・出張所)へ提出してください。
 なお、旧市地区(蟻ヶ崎・沢村・筑摩・神田)は、JA松本市へ提出してください。
 ※ 申出用紙と手引書は、農政課窓口にあります。

農振除外完了までの期間

  農振除外完了までの期間は、約1年間を要しています。また、諸事情により、さらに期間を要する場合がありますので、事業計画の際はご注意ください。

事前相談

 事業計画の実施にあたって、除外要件を満たす必要があるほか、農地転用、開発行為等の関係法令の許可見込みが必要なため、事前に農政課・農業委員会事務局・建築指導課等の関係課と十分相談のうえ、申出してください。なお、事前相談については、開庁日であれば随時受け付けております。

農用地区域への編入

 農用地区域への編入については、農政課へご相談ください。 

お問い合わせ

農林部 農政課 計画担当
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号
電話:0263-34-3221 FAX:0263-36-6217

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。