このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

 高収益作物次期作支援交付金の運用見直しと第3回申請受付開始のお知らせ(農作物生産者向け新型コロナ対策)

ページ番号:210-895-775

更新日:2020年11月12日

 
 
 新型コロナウイルスの影響を受けた生産者を支援する本事業の趣旨から、農林水産省による運用の見直しが発表されました。すでに申請済みの方にも書類の追加提出等の影響がありますのでご確認ください。

運用見直しの内容について

1 交付対象面積が変更されました
  <変更前>次期作の全作物面積 →<変更後>売り上げが減少した品目の作付面積

2 交付額の上限が設定されました
  <変更前>上限なし →<変更後>各農業者の減収額を超えない範囲で交付

3 厳選出荷の取組(1人あたり2,200円/日)の日数上限が設定されました
  <変更前>上限なし <変更後>作業従事者1人につき90日が限度

4 申告書の提出が必要になりました
  前年度より売上げが減少していること等の確認のため、申告書を追加提出いただくことになりました。
  すでに申請済みの方も申告書の提出が追加で必要になります。


5 運用見直しに伴う追加措置がありました 

 なお、高収益作物次期作支援交付金の運用見直しに伴う追加措置についての新たな情報は、上記農林水産省HPのサイトにおいて随時掲載されますのでご確認ください。

第3回公募開始について

交付金の概要

 新型コロナウイルス感染症の発生により売上げが減少する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者の皆さまを支援いたします。

対象者

・令和2年2月から6月の間に野菜、花き、果樹、茶について、出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者
・収入保険、農業共済、野菜価格安定制度のいずれかに加入している、又は加入を検討する生産者

 

支援内容及び交付単価

1 次期作に前向きに取り組む生産者への支援
  【支援単価】
  (1)基本単価 10a当たり5万円
  (2)施設栽培のうち高集約型品目の単価を次のとおり設定
     施設栽培の花き、大葉及びわさび:10a当たり80万円
     施設栽培のマンゴ-、おうとう及びぶどう:10a当たり25万円
     ※ただし、対象施設に加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設(雨よけハウスは除く)
  【交付対象面積】高収益作物の次期作において、国が定める取組のうち2つ以上を実施する面積
  【国が定める取組】
   ア 生産・流通コストの削減に資する取組
   イ 生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組
   ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組
   エ 作業環境の改善に資する取組
   オ 事業持続計画の策定の取組

2 需要促進に取り組む生産者への支援
  【交付単価】10a当たり2万円
  【交付対象面積】高収益作物の次期作において、国が定める取組のうち1つ以上を実施する面積
  【国が定める取組】
   ア 新たな直販等を行うためのホームページ作成等の環境整備
   イ 新品種・新技術の導入等に向けた取組
   ウ 海外の残留農薬基準の対応又は有機農業・GAP等の取組
  【都道府県知事が特に必要と認める取組】

3 厳選出荷に取り組む生産者への支援
  【交付単価】1人・1日当たり2,200円
  【対象品目】花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴ-、おうとう及びぶどう(施設栽培のうち、雨よけハウスは除く)
  【国が定める取組】
   (花きの取組み例)
   ア フラワーネット張りの調整
   イ 芽かき・摘花・整枝
   ウ 冷蔵貯蔵等による出荷調整 等

※取組項目等の詳細につては、次の添付ファイルをご参照ください。

申請窓口・お問い合わせ先

・JA松本ハイランド組合員の方は、JA松本ハイランド各支所営農生活課
・JAあづみ組合員の方は、JAあづみ各営農センター又は農業企画課
・上記以外の農業者は松本市農業再生協議会
 事務局:松本市農林部農政課(本庁舎5階)
 電話 0263-34-3222(直通)

 

松本市農業再生協議会への申請方法

下記の様式に必要事項を記入、押印のうえ添付書類を添えて松本市農業再生協議会(松本市農政課)へ申請してください。
詳細は松本市農政課へお問い合わせください。

様式

添付書類

 ・令和2年2月から4月の間に高収益作物を出荷したことが確認できる書類(領収書、納品書、品目がわかる出荷・販売の書類)

 ・廃棄などにより出荷できなかった場合は、前年産の出荷実績が確認できる書類及び、今年産の廃棄の理由書(任意様式)

 ・取組面積、地目、番地がわかる資料

 ※JA組合員の方は、各JAにご確認ください。
 

松本市農業再生協議会への申請期限

第2回申請期限 令和2年7月20日(月)→申請受付は修了しました。

第3回申請期限 令和2年11月20日(金)

 申請をご希望の方は、各種様式に必要事項をご記入のうえ、必要書類を添えて松本市農業再生協議会事務局へご提出ください。(期限厳守でお願いします。)
 今回が最終受付となります。これ以降募集はありませんので申請の予定がある場合は、期限までに申請をしてください。

  
参考

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

農林部 農政課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎5階)
電話:0263-34-3221 FAX:0263-36-6217

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。