このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本市の地震動と地盤の相関に関する共同研究について

ページ番号:403-609-109

更新日:2014年7月17日

 平成23年6月30日に発生した長野県中部の地震では、震央とされた場所から遠い場所でも、強い揺れを感じた場所があり、被害が報告されていることから、地盤の特性を明らかにするため、松本市と信州大学(代表 小坂共栄特任教授)との共同事業を実施してきました。
 「松本市の地盤図」や「揺れやすさマップ」などを含む平成25年度報告書がまとまりましたので、その内容について報告します。

研究内容

 ボーリングデータ約2千本を収集して、地震の揺れに大きく影響する表層面の地盤データ(地盤図)を作成し、地震の揺れに対する地盤の特性を明らかにしたものです。

実施期間

平成24~25年度

年度別調査概要

24年度
・ 体感震動アンケート調査結果をもとにした市内全域の震度分布図の作成
・ アンケート自由記述欄(約8,000件)の整理・解析
・ 地盤と揺れの相関を明らかにするためのボーリングデータの収集・整理
・ 微動アレー探査による地下深部構造調査・解析

25年度
・ 地盤と揺れの相関を明らかにするためのボーリングデータの整理
・ 微動アレー探査による地下深部構造調査・解析
・ ボーリングデータに基づく松本市地域の地盤図作成
・ 地盤データ(地盤図)に基づく揺れやすさマップの作成

平成25年度の調査結果

 (報告書から抜粋した「松本市の地盤と揺れやすさマップ」はこちら)

------------------------------------------------

平成25年度 調査結果報告書

<一括版>

「揺れやすさマップ」を活かして地震に備える ―地盤情報から分かる地震時の地面の揺れ―

<分割版>
表紙、目次

1 はじめに

2 地震のゆれと地盤

3 松本市の地盤と揺れやすさの特徴

 ・ 3-1 ボーリングデータ解析による松本市の表層地盤

 ・ 3-2 松本市の地盤図をもとに作成した揺れやすさマップ

------------------------------------------------
3 松本市の地盤と揺れやすさの特徴

 ・ 3-3 地域別にみた松本市の地盤と揺れやすさ

------------------------------------------------
3 松本市の地盤と揺れやすさの特徴

 ・ 3-4 揺れやすさマップと630 松本地震の震度

 ・ 3-5 微動アレー探査による松本市の地下構造の特徴

------------------------------------------------
4 松本平とそれをとりまく大地のしくみ

5 用語解説

6 むすび

------------------------------------------------
資料編

 1 調査の経緯

 2 調査データとりまとめの手順

 3 参考文献

平成24年度の調査結果

 約20,000件の体感震度アンケート調査結果を、気象庁震度階級関連解説表に基づき統計的に整理し、解析した結果は次のとおりです。

解析概要

  1.  本震を起こした断層(塩尻北インター付近から北西へ約5km付近)に対して西側よりも東側で強く揺れたと感じたエリアが広い。
  2.  東側の震度5強のエリア内のところどころに震度6弱と感じたエリアが存在する。
  3.  中心市街地に島のように周辺よりも強く揺れたと感じたエリアがある。
  4.  中心市街地の強い揺れを感じたエリアは、軟弱地盤が厚いエリアと一致するが、その他の強い揺れを感じたエリアでは、従来得られている地盤情報と必ずしも一致していない。

体感震度アンケート調査による自由記述の主な意見

  1.  4月頃から直下型の地震の揺れを感じ、通常ではない音とともに揺れた。
  2.  3月11日以降、6月30日までドスンという揺れが何回もあったが、何のニュースにもならなかった。
  3.  4月くらいからズドンという揺れが何回かあったが、震度では表されなかった。
  4.  毎日ドンと突き上げ地震があって不安だった。近所でも毎日話題になっていた。

平成24年度 調査結果報告書

<一括版>

<分割版>
表紙・目次

1 はじめに

------------------------------------------------
2 平成24年度の事業概要

------------------------------------------------
3 平成23年度実施のアンケート調査結果の整理・解析

 3-1 アンケート結果の整理・解析

 3-2 自由記述内容について

------------------------------------------------
4 ボーリングデータによる地盤解析

 4-1 ボーリングデータ収集状況

 4-2 ボーリングデータから見た微動アレー探査測線付近の地盤の特徴

------------------------------------------------
5 微動アレー探査による深部地質構造解析

 5-1 調査位置

 5-2 調査結果の概要

------------------------------------------------
6 松本盆地周辺の断層と地震

 6-1 松本盆地、北アルプス周辺の断層と2002 年から2013 年3 月までの地震

 6-2 2011 年6 月30 日「長野県中部の地震」前後の地震活動

------------------------------------------------
7 おわりに

資料1 - 1 学校関係向けアンケート調査用紙

資料1 - 2 震動アンケート調査記載集

資料2 微動アレー探査業務報告書

資料3 松本市長発出のデータ提供依頼文書

資料4 震動調査グループ発出のデータ提供依頼文書

資料5 信州大学震動調査グループメンバー

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

危機管理部 危機管理課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎別棟1階)
電話:0263-33-9119 FAX:0263-33-1011

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。