このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年1月29日に発生した入山辺地区での倒木災害の詳細

ページ番号:180-979-705

更新日:2016年2月19日

 平成28年1月29日に発生した入山辺地区での倒木災害の詳細は、下記のとおりです。

 現在は、孤立状態と停電は解消しています。
 主要地方道松本和田線で一部通行規制がありましたが、2月19日(金曜日)午前9時から全面通行が可能となっています。最新の情報は、松本建設事務所のページをご覧ください。

発生等日時

平成28年1月29日(金曜日) 午後5時頃

発生場所

 松本市入山辺 主要地方道松本和田線の扉温泉付近で倒木、雪崩が複数箇所で発生。
また、停電が発生し、三城地区、扉温泉、美ヶ原高原で孤立が発生しました。

災害箇所

路線:扉温泉(県道) 1月30日(土曜日)午前中撮影 撮影:松本市役所維持課

路線:扉温泉(市道) 1月30日(土曜日)午前中撮影 撮影:松本市役所維持課

孤立の状況

第2回 松本市災害対策本部会議資料より(1月30日(土曜日) 午後8時開催)

明神館、桧の湯、民家1軒、三城地区、美ヶ原高原王ヶ頭ホテルの、住民、利用者、宿泊客、従業員など約300人

災害への対応経過について

第2回 松本市災害対策本部会議資料より(1月30日(土曜日) 午後8時開催)

災害対応経過
日時 内容

1月29日
 午後5時頃

災害発生
 午後5時18分

松本広域消防局から第1報
 危機管理部、入山辺地域づくりセンターで対応開始

 午後6時00分 関係機関が入山辺地域づくりセンターに集合し、対応を協議のうえ、現地調査
 午後9時30分

入山辺地域づくりセンターに松本警察署、松本広域消防局、中部電力、
NTT東日本、松本建設事務所、村瀬組、農家組合(桧の湯関係者)、
松本市など関係者による現状確認及び協議を開始

 午後10時50分  災害対策本部設置、入山辺地域づくりセンターに現地連絡所設置

1月30日
 午前2時

第1回災害対策本部会議
 午前8時10分 主要地方道松本和田線の倒木伐採作業開始
 午前11時45分 本部長(市長)が、明神館、桧の湯の宿泊者等の救助方針を決定

 午後0時15分
 ~0時50分

午後0時15分 松本市消防団4個分団(第7・18・19・22分団)59人出動
午後0時50分 松本広域消防局30人、松本警察署80人出動
明神館及び桧の湯の救助を開始

 午後1時15分 明神館まで歩ける幅員で道路が開通
 午後2時過ぎ

明神館客及び従業員下山開始。午後6時10分に103人下山。
従業員7人は施設に残り。

 午後3時30分~

美ヶ原王ヶ頭ホテル宿泊客下山開始。午後6時40分下山完了。
従業員42名は施設に残り。

 午後4時までに 桧の湯客・従業員17人全員下山。
 午後8時

第2回災害対策本部会議

2月3日
 午前10時

松本市災害対策本部解散

お問い合わせ

政策部 広報課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号
電話:0263-34-3271 FAX:0263-34-3201

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。