このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

心豊かにする「工芸のまち」をめざして

ページ番号:938-599-057

更新日:2014年4月6日

【平成25年度】 公民館の学びがつなぐ、松本らしい地域づくり、人づくり事業のテーマ型講座「工芸のまちづくり」講座のページです。

講座趣旨

 近世以降、城下町として栄えた松本には各地から集められた職人たちが数多く居住し、戦後には、柳宗悦が唱えた民芸運動の舞台として、木工・染織をはじめとする工芸品制作が盛んに行われました。こうした歴史的・文化的土壌を背景とした松本の工芸に対する思いは、来年30回目を迎える「クラフトフェアまつもと」や「工芸の五月」へと受け継がれ、工芸の一大祭典として全国的にも認知されるに至っています。
 本講座では、これら「工芸のまち・松本」のストーリーを活かした魅力的なまちづくりを、商業・観光・地域振興などの視点から考えます。
 なお、講座を進めるにあたっては、参加者それぞれの日常的な感覚を出発点にしながら、歴史・文化・イベント・人材・暮らしなどの切り口から、多面的に“工芸のまち”を捉え直すとともに、作家(作り手)と生活者(使い手)の交流・対話等を通じて、今後に向けた課題及び可能性を明らかにしていきます。また、コーディネタ-を中心とした双方向的講義により、観光や松本のものづくりに対する知識と理解を深めることで、「工芸のまち・松本」の実現に向けたより具体的な提案へとつなげます。

【平成25年度】 講座スケジュール

講座内容は以下のとおりです
回数 日時 会場 内容 講師など
1 10月17日(木) あがたの森文化会館1-1 オリエンテーション「工芸のまち・松本の可能性を知る」 松本大学総合経営学部
山根宏文教授
2 10月31日(木) あがたの森文化会館1-1 イベントのデザイン「クラフトフェアと工芸の五月」 クラフト推進協会
倉澤 聡
3 11月16日(土) 市内飲食店 座談会「松本の工芸を語りあう」 山根宏文教授
4 11月30日(土) 中央公民館3-2 公開シンポジウム「工芸のまちづくりシンポジウム」 山根宏文教授
工芸作家ほか調整中
5 12月5日(木) あがたの森文化会館1-1 観光と芸術文化「芸術文化が活きるまちづくり」 山根宏文教授
6 12月19日(木) あがたの森文化会館1-1 産業と芸術文化「松本のものづくりを考える」 山根宏文教授
7 1月16日(木) あがたの森文化会館2-8 ワークショップ「工芸のまち・松本をデザインする」 山根宏文教授
8 1月30日(木) あがたの森文化会館1-1 発表討論会・まとめ「松本の工芸を活かすまちづくり」 山根宏文教授

・講座コーディネータ
 山根 宏文 氏(松本大学 総合経営学部 教授)
・全8回
・時間:午後7時~9時 
    ※第3回 午前11時30分~午後2時
    ※第4回 午後1時30分~午後4時
・定員:30名
・参加費:第3回のみ実費負担あり(昼食代1,500円程度)

お問い合わせ

教育部 生涯学習課・中央公民館
〒390-0811 長野県松本市中央1丁目18番1号
電話:0263-32-1132 FAX:0263-37-1153

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。