このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

保育料・副食費の再算定を行いました(令和2年9月分から)

ページ番号:342-756-570

更新日:2020年8月31日

「保育料・副食費の再算定」とは

 お子さんの保育料は、保護者の市民税額に基づいて決定をしています。また、副食費(3歳以上児の給食おかず代相当分)は、市民税額が基準額以下の場合に全額免除となります。
 毎年9月分の保育料・副食費から基準となる市民税の年度が切り替わります。
 令和2年8月分までは令和元年度市民税額でしたが、令和2年9月分から令和2年度市民税額に基づいて保育料と副食費免除を決定しましたので、お知らせいたします。

保育料・副食費の通知方法について

保育料(0歳児~2歳児クラス)

 お通いの保育園・認定こども園から個別に通知します。
 保育園は、松本市発行の「利用者負担額決定通知書」を、保育園を経由してお渡しします。
 認定こども園は、園が利用者負担額(保育料)の決定通知書を発行します。

副食費(3歳児~5歳児クラス)

 副食費は、保育園・認定こども園・幼稚園いずれも免除の対象者のみ個別に通知します。
 免除の通知が無いご家庭は、副食費をご負担いただきます。
 8月分まで免除されていたご家庭も、9月分から免除となる通知が無い場合は、新たに副食費をご負担いただくことになります。口座振替をご契約の方は、預金残高をご確認ください。
 副食費はお通いの園によって異なります。

副食費の経過措置の終了について

 令和元年10月から開始した幼児教育・保育無償化に伴い、令和元年9月分の保育料が4,500円未満のご家庭は、経過措置として同額となるよう副食費を減額しています。
 この減額措置は、令和2年8月分までの適用です。令和2年9月分の副食費から減額措置はありません。全額負担か全額免除かのいずれかとなります。

保育料・副食費の詳細については下記リンクへ

保育園・幼稚園それぞれの保育料・副食費の計算方法や、料金表をご覧いただけます。

市民税の詳細については下記リンクへ

修正申告等により、令和2年度の市民税額に変更があった場合は、保育課までご連絡ください。
市民税額に変更があった場合でも、保育料や副食費免除について自動的には反映されませんので、ご注意ください。

お問い合わせ

こども部 保育課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-33-9856 FAX:0263-34-3236

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。