このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

保育園の給食

ページ番号:213-491-117

更新日:2020年12月25日

 12月の献立テーマは「寒さに負けないようにいろいろ食べよう!」です。
 寒さが増してくる時期ですが、しっかり食べて、体を温め、元気に冬を過ごせるように、具だくさんの汁やおでん、シチューなどを取り入れました。また、体を温めてくれる冬野菜(根菜類や芋類など土の中で育つもの)を多く使用した献立になっています。
 今月はもちつき会、クリスマス会などの行事や冬至があったので、それに合わせ三色もち、トライフル、冬至かぼちゃなども提供しました。

給食の様子

(12月1日・15日 献立)
【昼食:わかめのみそ汁・コロッケ・ゆかりあえ】
 この日のコロッケはたっぷりのじゃが芋に豚ひき肉、玉ねぎ、人参の具を混ぜたシンプルなものでした。手軽に買えるコロッケですが、手作りのコロッケは格別です。揚げたてにケチャップとウスターソースで作ったソースをかけて、おいしく食べました。

《昼食のエネルギー:420kcal(ごはん120g含む)》

 

(12月7日・21日 献立)
【昼食:大根のみそ汁・さばの旨煮・ごぼうサラダ・みかん】
 この日は旬のさばや根菜をたっぷり使った献立でした。
 さばの旨煮は味がしっかり染み、子どもたちも「おいしい!」と食べていました。中にはおかわりをする子もいました。
 根菜サラダはごぼう・キャベツ・人参・コーンをごまマヨネーズで和えました。ごぼうのシャキシャキ感がとってもおいしかったです。
 また、花型に飾り切りしたみかんに子どもたちは大喜びでした。

《昼食のエネルギー:466kcal(ごはん120g含む)》

(12月9日・23日 献立)
【昼食:おでん・カリコリ漬け・手作りふりかけ・みかん】
 大きな釜でぐつぐつ煮たおでんは寒い冬にぴったりです。たくさんの具からそれぞれのうまみが出て、おいしく出来上がりました。「どんな具が好き!」と質問したら、「大根!」「こんにゃく!」「ちくわ!」「卵!」と元気よく答えてくれました。
 新メニューの手作りふりかけは、かつお節・青のり・ごま・大根葉で作りました。ごま油で炒め、しょうゆとみりんで味付けしたシンプルなものですが、素材の味が生きていました。ご家庭でも簡単に作れるので、ぜひ作ってみてください。

《昼食のエネルギー:394kcal(ごはん120g含む)》

手作りふりかけ
材料名 作りやすい量 作 り 方
かつお節 10g 1 大根葉はみじん切りにし、ごま油で炒める。
青のり 小さじ1/2 2 1にかつお節・青のり・白いりごまを加え、さらに炒める。
白いりごま 大さじ2強 3 2にしょうゆ、みりんを加え、味付けする。
大根葉 20g  ※ 大根葉はたくさん入れると風味が増します。 
ごま油 小さじ1/2  ※ かつお節はだしを取った後のものでもOK!
しょうゆ 小さじ1   その場合は、しっかり水分を飛ばしてください。
みりん 小さじ1  ※ 他にかちりや乾燥桜エビを使ってもおいしいですよ。

(12月14日 献立)
【おやつ:ココアういろう・牛乳】
 上新粉と寒天を使ったういろうにココアで味を付けました。10年くらい前に保育園で提供したおやつ「チョコういろう」の復活版です。
 この日に訪問した園の2歳児クラスでは、大きな口を開けてパクパクと食べていました。3歳以上児は初めて食べるおやつに苦戦した子もいたそうです。

《おやつのエネルギー:194kcal》

(12月3日・17日 献立)
【おやつ:アメリカンドッグ・牛乳】
 ウインナーに小麦粉、卵、豆乳、ベーキングパウダーで作った衣をつけて揚げたアメリカンドッグです。衣の固さやつけ方などを工夫して、一つ一つていねいに揚げました。
 子どもたちが大好きなおやつなので、あっという間に食べ終わりました。

《おやつのエネルギー:279kcal》

保育園給食について

  • 保育園給食は、食(食材)経験が浅い乳幼児を対象としているため、”サイクルメニュー”を実施しています。サイクルメニューとは月に同じ献立を2回実施するもので、1回目に食べられなかった献立も、2回目には食べることができるようになっていきます。
  • このほかに、個別対応として、離乳食と食物アレルギー対応食も献立を作成し、各保育園で提供をしています。
  • 汁物のだしは、煮干やかつお節を使い、カレーやシチューのルーも小麦粉とバターから手作りしています。
  • おやつは、ほとんどが手作りです。幼児は体が小さい割に栄養必要量が多く、一度にたくさんの量が食べられないため、3食の他におやつで補うことが必要になります。おやつも食事の一部と考えているため、おにぎりやパン、芋類なども取り入れています。

松本市の食育については、”まつもとの食育”をご覧ください。

お問い合わせ

こども部 保育課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-33-9856 FAX:0263-34-3236

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。