このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

保育園の給食

ページ番号:213-491-117

更新日:2018年8月31日

 8月の献立テーマは「郷土食に親しみましょう」と「しっかり食べて、暑い夏を元気に過ごしましょう」です。
 郷土食は鉄火なす、かぼちゃと昆布の炒め煮や七夕ほうとう、天ぷらまんじゅうなど、この時期ならではの献立を取り入れました。
 また、夏ばてせずしっかり食べて、元気に過ごしてほしいということで、夏野菜を多く取り入れ、食欲がわくように酢やレモン風味のメニューも献立に取り入れました。

給食の様子

(8月23日 昼食)

【ごはん・夕顔のみそ汁・豚肉と春雨の炒め煮・昆布あえ・ぶどう】
 旬の夕顔は家庭で食べることも少なくなり、給食で初めて食べる子もいたようです。あまりくせのない味なので、抵抗なく食べられていました。
 豚肉と春雨の炒め煮は、玉ねぎやもやしもたっぷり入り、野菜もたくさん食べられました。また、甘辛い味付けがごはんの進む一品でした。 

【昼食のエネルギー314キロカロリー(主食のごはん110g含む)】
  

(8月29日 昼食)

【ごはん・かみなり汁・さばの塩焼き・ブロッコリーサラダ・メロン】

 松本市では今年度から「おいしく食べよう 具だくさんみそ汁運動」に取り組んでいます。園給食でも月に1回具だくさんみそ汁を提供しています。

 今月の具だくさんみそ汁は「かみなり汁」です。子どもたちからは「なんでかみなり汁っていうの?」とよく質問されます。かみなり汁は、豆腐などを炒めてからだしを加えて作ります。その豆腐を炒める時の「バリッバリッ」という音が、雷が鳴る時の音に似ているから「かみなり汁」と呼ばれるそうです。

 給食の中での楽しみの一つがデザートです。この日のメロンも、皮がぺらぺらになるまで食べている子もいました。

【昼食のエネルギー337キロカロリー(主食のごはん110g含む)】

(8月23日のおやつ)

【ベイクドポテト・牛乳】
 ベイクドポテトは塩水に浸けたじゃが芋を一回蒸してから、オーブンでバターと一緒に焼きました。塩水に浸けることでじゃが芋に程よく塩味がつき、バターの風味とあいまって食欲をそそります。子どもたちもあっという間に食べていました。
 園によっては収穫したじゃが芋を使ったところもあったようです。

  【おやつのエネルギー222キロカロリー】

保育園給食について

  • 保育園給食は、食(食材)経験が浅い乳幼児を対象としているため、”サイクルメニュー”を実施しています。 サイクルメニューとは月に同じ献立を2回実施するもので、1回目に食べられなかった献立も、2回目には食べることができるようになっていきます。
  • このほかに、個別対応として、離乳食と食物アレルギー対応食も献立を作成し、各保育園で提供をしています。
  • 汁物のだしは、煮干やかつお節を使い、カレーやシチューのルーも小麦粉とバターから手作りしています。
  • おやつは、ほとんどが手作りです。幼児は体が小さい割に栄養必要量が多く、一度にたくさんの量が食べられないため、3食の他におやつで補うことが必要になります。おやつも食事の一部と考えているため、おにぎりやパン、芋類なども取り入れています。

松本市の食育については、”まつもとの食育”をご覧ください。

お問い合わせ

こども部 保育課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-33-9856 FAX:0263-34-3236

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。