このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

保育園の食育

ページ番号:795-943-576

更新日:2019年2月5日

 乳幼児期における食事は、生涯にわたる健康づくりの基礎と言われています。保育園では、毎日の食事を食育の基本と考え、子ども達の健やかな心身の成長を願って提供をしています。

楽しく食べる子どもに~食を通して期待する子どもの姿~

保育園における食育は、楽しく食べる子どもに成長していくことを期待し、次に掲げる子ども姿の実現を目指して進めます。

お腹がすくリズムのもてる子ども いっぱい遊んで空腹に!
食べたいもの、好きなものが増える子ども 食べたことのない食材にもチャレンジ。
一緒に食べたい人がいる子ども お友だちや先生と食べる食事はおいしいね。
食事づくり、準備に関わる子ども 給食当番活動、調理保育なども実施。
食べ物を話題にする子ども 「今日の給食には何が入っているかな?」たくさんの食べ物の名前や働きも知ってるよ!

保育園給食の特長

給食の写真です

食品の数をなるべく多くし、季節感(旬)も大切にしています。
食材はできるだけ地元のものを使用しています。
味付けは薄味で、素材(食材)の持ち味を大切にしています。
化学調味料や加工食品はできるだけ使わないようにしています。だしは天然のもの(煮干・かつお節・がら等)を使用し、おやつもほとんどが手作りのものです。
食事の組み合わせ(和・洋・中)を大切にしています。(和食の良さも伝えていくために、週4回は主食をご飯にしています)
子どもの好みとバランスをとりながら、食事が楽しいものとなるように配慮しています。
サイクルメニュー(月に同じ献立を2回提供すること)を実施しています。1回目に食べられなかった料理や食材も、2回目には食べることができるようになっていきます。
郷土食や行事食も取り入れ、その由来やいわれなどの伝承を大切にしています。

年齢別の食事内容

0歳児:ミルク、離乳食など保育園で用意します。
1~2歳児:午前のおやつ、昼食<主食・副食(おかず)>、午後のおやつを保育園で用意します。
3~5歳児:昼食<副食(おかず)のみ>、午後のおやつを保育園で用意します。
      ※昼食の主食(米飯)は家庭より持参

 一人一人の発達に合わせて、離乳食を提供しています。後期食は、手づかみ食べもしやすいように、食材は細かくしすぎず、軟らかく調理しています。

離乳食を与えてる写真です

 0歳児の給食参観。お父さんも来てくれました。

毎日の給食を基本に、このような食育を実施しています

 保育園では、「食育年間計画」を作成して、食育を実施しています。子ども達が、健康で楽しい食生活を送れるよう、家庭と連携を取り合いながら、進めていきたいと思っています。

給食だより・献立表
 毎月末に家庭へ配布します。給食レシピも掲載していますので、参考にしてみてください。
 ホームページへも掲載しています。

給食展示(サンプルケース)
 毎日の給食を降園時に展示しています。
 月に2回程度、給食のレシピも給食展示の際に配布しています。

サンプルケース

    畑作り(野菜づくり) 
    トマト、きゅうり、なすなど、いろいろな野菜を作ります。収穫した野菜は、給食に取り入れることもあります。

調理保育の様子の写真です。

 畑で採れた野菜も使って、カレー会をしました。

給食試食会(給食参観)
 保護者の方に、子ども達の給食の様子を見てもらい、給食を知ってもらう良い機会です。

子どもの食事・親子講座
 パネルシアターなどの食育と、親子で簡単な調理をする講座です。(保育課主催)

親子料理教室の様子の写真です。

親子で仲良く料理をしました。

歯科・栄養教室
 子ども達と保護者の方を対象に、保健師・歯科衛生士・管理栄養士が劇や話をします。(保育課主催)

 歯科・栄養教室での劇や保護者向け講話の様子です。この時の劇テーマは「親子でよく噛み、よいお口 ごっくんの前にあと5回」でした。お口じゃんけんなどを紹介しました。

楽しく食育~毎日の給食や遊びを通して~

三色いろ分け媒体の写真です

食育カルタの写真です

 松本市保育園・幼稚園給食委員会(園長・主任保育士または教諭・保育士・教諭・調理員の代表と、保育課指導担当係長・管理栄養士で構成)では、献立の検討・反省の他、毎年給食に関する研究を行っています。3色いろ分け媒体、食育カルタ、体操などもこの委員会の研究で作製しました。

3色いろ分け媒体(写真上)
 その日の給食に使われている食材を、
  「熱や力になるもの(黄色):ほかほかアルプちゃん」
  「血や肉になるもの(赤色):パワーアルプちゃん」
  「体の調子を整えるもの(緑色):げんきアルプちゃん」
 の3つの働きに分けて示すボードを作製しました。
 毎日の給食の食材を掲示しています。

食育カルタ(写真下)
 保育課と各園で、読み札の言葉とそれに合わせた絵札を作製しました。
 読み札の紹介
  ま:まつもとの やさいつかった おいしいきゅうしょく
  つ:つぎつぎに みのる おやさい うれしいな
  も:もういっぱい おおきなこえで おかわりを
  と:ともだちと たべる ごはんは おいしいね

アルプちゃんげんき100倍体操
 子どもたちが遊びを通して食べ物に興味をもってもらえるように、体操を考えました。

まつもとの食育

松本市の食育については、上記リンク先をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

こども部 保育課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-33-9856 FAX:0263-34-3236

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。