このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

未熟児養育医療の給付について

ページ番号:695-401-755

更新日:2015年4月1日

制度の概要

 出生時の体重が2000グラム以下またはその他の理由により、指定養育医療機関の医師が入院を必要と認めた場合、その医療費の一部を公費で負担する制度です。

未熟児養育医療の給付申請

手続きに必要なもの

  • 養育医療費給付申請書
  • 養育医療費意見書(指定養育医療機関の医師の意見書)
  • 健康保険証(新生児の記載のあるもの)
  • 世帯状況証明書

 ※お子さんと生計を一にする家族全員の氏名、生年月日等を記入してください。

  • 世帯員の所得に係る課税状況を確認できる書類(源泉徴収票、市県民税課税内容証明書 など)

 ※松本市に住民税の課税権がある方は、同意書の提出により省略できます。
 ※申請時期により、必要となる年度が異なりますので、事前にご確認ください。

自己負担額

 医療保険の対象となる医療費を病院の窓口でお支払いいただく必要はありません。(おむつ代など保険対象外の費用は別です。)
 ただし、世帯の所得額に応じて、自己負担金を松本市にお支払いいただくようになります。後日、松本市から請求書(納付書)をお送りしますので、金融機関の窓口でお支払いください。
 なお、支払っていただいた自己負担金については、福祉医療(子育て支援医療)の対象になりますので、後日納付済の納付書を添付して、こども福祉課に請求手続きをしてください。

お問い合わせ

こども部 こども福祉課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎1階)
電話:0263-33-9855 FAX:0263-36-9119

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

公費負担医療給付制度

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。