このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

第7期介護保険事業計画・高齢者福祉計画「安心・いきいきプラン松本」

ページ番号:124-678-347

更新日:2018年5月21日

第7期介護保険事業計画・高齢者福祉計画「安心・いきいきプラン松本」

 この計画は、介護保険法及び、老人福祉法の規定に基づき策定するもので、平成30年度から平成32年度の3年間の計画です。

 第7期介護保険事業計画・高齢者福祉計画は、団塊の世代が全て後期高齢者(75歳以上)となる2025年(平成37年)を見据え、第6期介護保険事業計画・高齢者福祉計画において定めた「誰もが、住み慣れた家で、地域で、安心して暮らし続けることができる仕組み」(地域包括ケアシステム・松本モデル)の構築という長期目標の達成に向け、施策の充実を図り、第6期計画の取組みを更に推進していく計画として、第7期介護保険事業計画・高齢者福祉計画を作成しました。

第7期介護保険事業計画・高齢者福祉計画「安心・いきいきプラン松本」の構成

第1編 計画策定の基本的な考え方
 第1章 計画策定に当たって
  第1節 計画策定の趣旨
  第2節 計画の性格
  第3節 計画の期間
  第4節 他の計画との整合
  第5節 計画の進捗管理
 第2章 高齢者を取り巻く状況と将来の見通し
  第1節 松本市の高齢者の現状と推計
  第2節 松本市の介護保険サービス給付費の状況
  第3節 高齢者等実態調査から見える課題
 第3章 計画の基本理念・基本目標・基本方針
  第1節 基本理念
  第2節 基本目標
  第3節 第6期計画の総括
  第4節 第7期計画の位置付け
  第5節 地域包括ケアシステムの構築
  第6節 今後の施策展開
 第4章 日常生活圏域の設定
  第1節 日常生活圏域について
  第2節 圏域内の状況について
 第5章 施策の体系
  第1節 施策の体系

第2編 高齢者がいきいきと暮らせるために
 第1章 介護予防・健康づくりの推進
  第1節 介護予防・重度化防止の推進
  第2節 健康づくりの推進
 第2章 生きがいづくり・社会参加の推進
  第1節 生きがいづくりの推進
  第2節 社会参加の促進

第3編 高齢者が安心して暮らせるために
 第1章 地域包括ケア(体制)の推進
  第1節 地域支援事業の推進
  第2節 地域ケア会議の推進
  第3節 在宅医療・介護連携の推進
  第4節 認知症施策の推進
  第5節 権利擁護・虐待防止の推進
  第6節 生活支援体制整備の推進
  第7節 高齢者の居住安定に係る施策との連携
  第8節 地域福祉の推進
 第2章 介護者支援の推進
  第1節 各種支援事業の実施  
 第3章 高齢者が住みよいまちづくりの推進
  第1節 ユニバーサルデザインのまちづくりの推進
  第2節 見守り体制の強化
 第4章 介護保険サービス及び給付の量
  第1節 介護保険サービス事業量の見込み
  第2節 介護保険サービス費用の見込み
  第3節 地域支援事業の事業量及び費用額の見込み
  第4節 サービス提供体制の確保
  第5節 多様な居住・在宅介護サービス施設の整備
  第6節 低所得者への支援
  
第4編 サービスを円滑に提供するために
 第1章 介護保険サービスの信頼性の確立
  第1節 介護保険サービス及び地域支援事業の円滑な提供
  第2節 介護給付の適正化
  第3節 苦情処理体制の充実
  第4節 相談体制の充実
 第2章 計画推進体制の整備
  第1節 事業者及び関係機関との連携の強化
  第2節 市民参加による施策の推進
  第3節 市の推進体制の連携強化
 第3章 円滑で安定的な制度運営
  第1節 財源構成と財政推計
  第2節 第1号被保険者の介護保険料
資料編

第6期介護保険事業計画・高齢者福祉計画「安心・いきいきプラン松本」

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 高齢福祉課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎北別棟)
電話:0263-34-3213 FAX:0263-34-3016

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。