このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市では「健康寿命延伸都市・松本」を推進しています:健康長寿トップへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 松本市トップへ
美しく生きる。健康寿命延伸都市・松本:健康長寿トップへ
  • 松本市の健康寿命
  • 松本市総合計画
  • 松本市の取り組み
  • 生きがいの仕組みづくり
サイトメニューここまで

本文ここから

正しい情報を得るために

ページ番号:701-008-634

更新日:2015年11月17日

インターネット、テレビなどのメディアを通して、いつでもどこででも、いろいろな情報を
得られるようになりました。
さまざまな情報が出回るようになり、本当に正しい情報か判断することが難しいですが、
不正確な情報を鵜呑みにして踊らされないように、正しい情報かどうか、自分で判断し見極めていきましょう!

これってホント?ウソ?

1 妊娠期、水銀の関係で、魚は食べちゃダメと聞いたけど、本当?

注意が必要なのは、食べる魚の種類と量です!
下の図が目安です。


[厚生労働省リーフレットの図を抜粋]

⇒魚は、良質なタンパク質、カルシウム、血管障害やアレルギー反応を抑制する作用がある栄養素の
摂取源で、健康的な食生活をいとなむ上で、重要な食材です。
でも妊娠中はちょっと注意が必要なだけなのです。
食べたらダメ!を信じ、魚を食べないのは、もったいないことです。

2 尿酸値が高いときには、ビール以外のお酒を選べば大丈夫!と聞いたけど、本当?

プリン体含量の少ない、他のどんな種類のアルコール飲料でも、
血清尿酸値は上昇するので、”飲酒”自体、注意が必要です!

ただし、ビールはプリン体含量が多く、血清尿酸値を上昇させます。
(プリン体含量はアルコール飲料の種類によってかなり異なります。)
また、エネルギーのとりすぎも、尿酸値を上昇させるため、特にビールはエタノール等量で比較すると
他の酒類より高エネルギーなので注意が必要になります。

⇒尿酸値が高い時は、禁酒しましょう。

正しい情報を得る方法は?

次のことを参考に、その情報が正しいものか見極めていきましょう。
チェック1  きちんとした科学的根拠(その情報がきちんと科学的に証明されているかどうか)に基づくものか
チェック2   どこの誰が、出典しているものか
チェック3 その情報がどのように証明されたものか
チェック4 その証明は複数されているか

その証明は、さまざまな医学研究によって、行われます。
細胞を使う研究、動物実験、ヒトを対象とした研究...
私たちにとって直接参考になるのは、ヒトを対象とした研究です。

どんな食べ物にも体に良いところと良くないところがあります。

情報に踊らされないよう、情報を正しく見極め、安心で健康的な食事をしていきましょう♪

おすすめ情報入手先

食生活全般

(1)長野県ホームページ:食中毒などの情報が掲載
(URL:http://www.pref.nagano.lg.jp/kenko/shokuhin/shokuchudoku/index.html)
(2)日本栄養士会:栄養のバランスと健康、アルコール、嗜好飲料などについての栄養相談Q&Aが掲載
(URL:http://www.dietitian.or.jp/consultation/index.html)
(3)農林水産省:食品の安全・安心について掲載
(URL:http://www.maff.go.jp/j/syouan/index.html
          食事バランスガイド(何をどれだけ食べたら良いか示したもの)について掲載
(URL:http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/
(4)厚生労働省:日本人の食事摂取基準について掲載
(URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/syokuji_kijyun.html

妊娠中と産後の食事

(1)厚生労働省:妊産婦の食生活指針、食べ物について知っておいてほしいこと、魚を食べることについての情報が掲載
(URL:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/ninpu-02.html

子どもの食事

(1)農林水産省:子どもの食育について掲載
(URL:http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/index.html

疾病予防に期待される食事

1 糖尿病
(1)糖尿病ネットワーク:食事に関する特集やコラムなど掲載
(URL:http://www.dm-net.co.jp/
(2)日本糖尿病学会:食事療法について掲載
(URL:http://www.jds.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=4
2 高血圧
(1)日本高血圧学会:減塩についての情報が掲載
(URL:http://jpnsh.jp/general_salt.html
3 脂質異常症
(1)日本動脈硬化学会:食事療法について掲載
(URL:http://www.j-athero.org/guide/chiryo/index.html
4 そのほか
(1)国立がん研究センター がん予防・検診研究センター:さまざまな食生活と病気との関連について掲載。知りたいことを検索すると、その情報が出てきます。
(URL:http://epi.ncc.go.jp/cgi-bin/cms/public/index.cgi/nccepi/jphc/outcome/index
(2)健康・体力づくり事業財団:健康全般、ポイント等を掲載
(URL:http://www.health-net.or.jp/tairyoku_up/index.html

食物アレルギー

(1)食物アレルギー研究会:食物アレルギーの栄養指導の手引などが掲載
(URL:http://foodallergy.jp/
(2)独立行政法人環境再生保全機構:食物アレルギーの対応方法や喘息の予防方法などが掲載
(URL:http://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/sukoyaka/46/index.html

お問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3217

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。