このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市では「健康寿命延伸都市・松本」を推進しています:健康長寿トップへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 松本市トップへ
美しく生きる。健康寿命延伸都市・松本:健康長寿トップへ
  • 松本市の健康寿命
  • 松本市総合計画
  • 松本市の取り組み
  • 生きがいの仕組みづくり
サイトメニューここまで

本文ここから

妊婦ママにたいせつな食生活

ページ番号:201-013-978

更新日:2016年2月3日

松本市全体で進めている食育はこちら↓へ
まつもとの食育

はじめに

妊娠期の食生活

妊娠期の食生活は、お母さんの健康と赤ちゃんの健康にとって、とても大切です。
食事を抜いたり(欠食)、特定の食品に偏ったり(偏食)しないよう、気をつけましょう。
ここでは、妊娠期の食生活のポイントを紹介していますので、参考にしてください。

ママとパパ教室のお知らせ

松本市では、ママとパパの教室を開催しています。
妊娠期に見直してほしい食生活について講話をし、
実際に食べてほしい食事量や食事づくりのポイントを知っていただくため、
参加者の皆さんと一緒にクッキング、試食を行います。
その他、妊娠中の健康管理や歯の健康についての講話、松本市のサービス紹介
先輩ママと赤ちゃんとの交流、育児体験、擬似体験等をする機会もあります。
個別相談も行っています。ぜひご参加ください。
詳しくは[こちら]

食生活のポイント

きちんと食べる習慣を

偏食や欠食、食事時間が不規則になっていませんか?
もともと偏食や欠食、食事時間が不規則な方は、少しずつ直していきましょう。
つわりがある方は、つわりがおさまったら、きちんと食べる習慣をつくっていくとよいです。
つわりの時や胸やけの時は、好きなものや消化のよいものを少しずつ、食べられる時に食べましょう。
詳しくは下記の資料を参考にしてください。

妊娠中の推奨体重増加量を知り、食事内容の充実を

妊娠中の体重増加は、赤ちゃんの健康に関わります。

・食欲にまかせて食べていき、体重が増えすぎてしまう場合:
 妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、難産などのリスクが高まる
・妊娠中にもダイエットを続け、十分に体重が増加しない場合:
 低出生体重児の確率が高くなる→その子が成人後に生活習慣病にかかりやすくなる 

推奨体重増加量を知り、体重を上手に管理しましょう。
推奨体重増加量は、妊娠前の体格(BMI)を基準にします。
BMI(kg/m2)の算出方法:体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
例)妊娠前の体重56kg、身長160cmの場合
  56÷1.6÷1.6=21.8
BMI(kg/m2)=21.8

妊娠期の推奨体重増加量
体格区分 推奨体重増加量

やせ BMI (kg/m2)=18.5未満

9~12kg
ふつう BMI(kg/m2)=18.5以上25.0未満 7~12kg
肥満 BMI(kg/m2)=25.0以上 医師などと個別相談

このように、体重を上手に管理して、さらに食事内容を充実していきましょう。
食事内容を充実するには・・・

  • 1日2食は3皿をそろえる

  • 不足しがちなビタミン・ミネラルを、「副菜」でたっぷりと

特に・・・
・妊娠初期は、神経管閉鎖生涯の発症リスク低減のために、葉酸の摂取を
・貧血予防のために、鉄の摂取を

注意すること

  • 食中毒

   特にリステリア菌による食中毒に注意しましょう。
   妊婦、高齢者や免疫機能が低下している方(抗がん剤治療中やHIVエイズの方など)は、
   少量のリステリアでも発症し、敗血症や髄膜炎など重篤な状態(リステリア症)になることがあり、
   海外では死亡例も確認されています。
   特に、妊婦が感染すると、リステリアが胎盤や胎児へ感染し、流産や生まれた新生児に影響が
   でることがあります。
   リステリア菌の予防方法など詳しい情報は下記をご覧ください。

 その他の食中毒に関する情報は【こちら】

  • ビタミンAのとりすぎ

  ビタミンAは脂溶性ビタミンです。
  視覚、聴覚、生殖等の機能を維持し成長促進、皮膚、粘膜、遺伝子発現に関与するビタミンの1つです。
  レバ―、やつめうなぎ、うなぎ、ほたるいか、あなごといった動物性食品に含まれるビタミンAをとりすぎると
  赤ちゃんの先天性異常をひきおこすことが知られています。
  なお、野菜などの植物性食品に含まれるものは、必要な量だけ吸収されるので、過剰を心配しなくてよいです。
  妊娠1か月前から妊娠3か月に、ビタミンAの多い動物性の食品のとりすぎは控えるよう、
  食品安全委員会から注意喚起されています。

  • メチル水銀

  魚介類を通じたメチル水銀の摂取が赤ちゃんに影響を与える可能性が言われています。
  しかし、日本における食品を通じた平均水銀摂取量は、食品安全委員会が公表した妊婦を対象とした
  耐用量の6割程度にあって、一般に赤ちゃんへの影響が懸念される状況ではありません。
  魚介類は、健やかな妊婦に重要である栄養などのバランスのよい食事に欠かせないものです。
  魚の種類と量に気をつけながら、魚介類も食べましょう。
  魚介類の種類とその量の目安などの詳しい注意点は、下記の資料をご覧ください。

  • 誤った情報を鵜呑みにすること

   不正確な情報を鵜呑みにして踊らされないように、正しい情報かどうか、
   自分で判断し見極めていきましょう。
   正しい情報を得るためのポイントについて、【こちら】に掲載しているので、
   ご覧ください。

食事を楽しんで

赤ちゃんや家族との暮らしを楽しんだり、毎日の食事を楽しむことは、
からだとこころの健康につながります。
松本市では、栄養だけでなく、家族団らんを考え、
環境にも配慮したレシピを公開しています。
ぜひご活用ください♪

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3217

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。