このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

県が松本圏域のレベルを2から1に引き下げましたが、引き続き感染防止の徹底をお願いします。

ページ番号:755-781-489

更新日:2020年6月1日

 松本圏域では、感染拡大のリスクが高い事例が発生しましたが、その事例から14日が経過したため、県の発生段階区分が「レベル1」となりました。
なお、政府の緊急事態宣言は、全県で発令中です。気を緩めず、引き続き感染防止の徹底をお願いします。

人との接触機会を極力減らしてください

 ウイルスは人を媒介して感染が拡大します。そのため、普段行っているご近所での集まりなど少人数での会合もできるだけ控える、人ごみを避けるなど、人との接触機会を極力減らしてください。
 また、人と一緒にいる場合でも2メートル程度間隔をあけるように努めてください(社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング))。

風邪症状があれば自宅に留まってください

 新型コロナウイルス感染症の初期の症状は、風邪と見分けがつきません。定期的な検温など健康観察を行っていただくとともに、風邪等の症状がある場合にはご自宅に留まってください。

医療機関での感染を絶対に出さないようご協力ください

 ひとたび医療機関において感染が発生すれば、医療従事者を巻き込むなど、県の医療供給体制のひっ迫を招きかねません。
 そのため、いきなり医療機関を受診することは絶対に避けてください。あらかじめ保健所又はかかりつけ医に電話で相談の上、指定された医療機関等の帰国者・接触者外来等を受診してください。

感染リスクが高い場所への出入りを避けてください

 「3つの密」(密閉空間、密集場所、密接場面)を避ける行動を徹底してください。全国の事例を見れば、繁華街の接客を伴う飲食店(バー、ナイトクラブ等)、カラオケ、ライブハウスなどにおける感染リスクが高いことは明白です。また大規模な集団感染も多く確認されています。こうした場所への出入りを自粛していただくよう、強くお願いします。

重症になりやすい人を守ってください

 病院や高齢者施設、障がい者施設においては、重症になりやすい入院者、利用者の安全を守る上で、外部からウイルスを持ち込まないことが特に重要です。

感染拡大地域との往来は基本的に行わないでください

 これまでの市における感染事例のほとんどは、感染源が市外であると推定されます。そのため、緊急事態宣言が発出された地域をはじめ感染が拡大している地域との往来は基本的に行わないようにしてください。ご家族やご親戚同士の交流であっても、控えてください。また、往来後14日間は不要不急の外出は控えてください。

事業所でのご配慮もお願いします

 事業者の皆様にあっては、職場における感染拡大防止とともに、従業員お一人お一人が感染予防のための行動をとることができるようご配慮をお願いします。
 具体的には、職場内での3密を避ける、従業員の健康観察、風邪症状がある場合の休暇取得、時差出勤や在宅勤務、テレワークの活用、感染拡大地域への出張自粛などを一層徹底いただくようお願いします。

お問い合わせ

危機管理部 危機管理課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎別棟1階)
電話:0263-33-9119 FAX:0263-33-1011

この担当課にメールを送る

健康福祉部 健康づくり課
電話:0263-34-3217 FAX:0263-39-2523

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市民の皆さんへ

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。