このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本市立波田総合病院基本方針

ページ番号:379-460-669

更新日:2011年11月1日

 松本市は、平成22年3月の旧波田町との合併時の協定に基づき、今後の松本市立波田総合病院に関する役割や機能、また、経営形態などについて検討を重ねてきました。
 まず、合併後には、ほぼ1年をかけて、専門家や市民代表の皆さんで構成された波田総合病院あり方検討委員会で、活発に、また、建設的に課題の検討をいただき、平成23年3月には、その成果を提言書にまとめて、提言をいただきました。さらに、4月には、市議会からの政策提言を受けました。
 そして、「松本市立波田総合病院基本方針」として、同病院の基本的な方向性を決定しました。

基本方針(骨子)

役割・機能

  • 西部地域の基幹的な病院として急性期医療を中心とした医療を提供
  • 救急医療、周産期医療、へき地医療支援等の地域の政策医療、地域に必要な医療を病病・病診連携のもとに提供

経営形態

  • 市立病院として地方公営企業法の全部を適用している現在の経営形態を継続

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 医務課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3262 FAX:0263-34-3204

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。