このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

8月診療分から、子どもの医療費の給付方式が変わりました

ページ番号:557-327-545

更新日:2018年8月1日

概要

  • 福祉医療費給付制度は、病院・薬局等の窓口で保険診療の一部負担金を支払い、後日、市が受給者に給付(「償還払い方式」といいます。)していましたが、平成30年8月から中学校卒業までの方は、医療機関等の窓口で被保険者証と福祉医療費受給者証を提示し、福祉医療の自己負担金(1カ月1医療機関につき500円)を支払うことで、医療サービスを受けることができるようになりました。(「現物給付方式」といいます。)
  • 16歳以上(今年度16歳になる方を含みます。)の方は、現物給付方式ではなく、引き続き現在と同じ償還払い方式です。

現物給付方式の対象者及び窓口で負担していただく金額

  • 長野県内の市町村ごとに対象年齢と窓口で支払う自己負担金額が異なります。
  • 松本市では中学校卒業まで(満15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある方)を対象とし、窓口で支払う自己負担金が1カ月1医療機関につき500円(500円未満の場合は、その額)となります。

現物給付方式の対象となる医療費

  • 医科、歯科、調剤、訪問看護療養費、入院時食事療養費に係る標準負担額の2分の1の法定給付割合の一部負担金額から福祉医療の自己負担金500円を除いた金額
  • 柔道整復師の施術療養費は、引き続き現在と同じ償還払い方式となります。

現物給付方式の取り扱いにならない場合

  • 柔道整復師の施術療養費
  • 医療機関等で受給者証を提示しない場合
  • 長野県外の病院・薬局などを利用した場合
  • 健康保険が適用されない場合
  • 災害共済給付の対象となる場合
  • 窓口支払のない公費負担医療制度(生活保護法による医療扶助等)

福祉医療費受給者証の送付について

  • 受給者証の番号が変わったため、市から福祉医療費受給者の方全員(現物給付対象者以外も含みます。)に受給者証を郵送しました。
  • 8月以降は、7月までお使いの古い受給者証が有効期間内であっても使用できません。(福祉医療費受給者の方全員)
  • 今まで使っていた古い受給者証は、新しい受給者証に同封した返信用封筒(切手の貼付は不要です。)に入れ、ポストへ投函してください。

長野県ホームページへのリンク

福祉医療制度全般の内容について
〒380-8570 長野市大字南長野字幅下692-2
長野県健康福祉政策課 電話026-235-7097(直通)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

こども部 こども福祉課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎1階)
電話:0263-33-9855 FAX:0263-36-9119

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。