このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

福祉避難所について

ページ番号:158-479-298

更新日:2018年9月26日

 本市では、災害時に特別な配慮を必要とする要配慮者(高齢者や障害のある方等)が、安心・安全に避難生活を送ることができるよう、福祉避難所の拡充に取り組んでいます。

福祉避難所とは

 福祉避難所とは、避難生活において一定の配慮を必要とする人を対象とする避難所のことです。
 福祉避難所は、一般の避難所へ避難後に、そのまま一般の避難所での生活を続けることが困難な方を対象とするため、二次的避難所とも呼ばれています。

福祉避難所の受入対象者

 高齢者や障害のある方、妊産婦など、避難生活において特別な配慮を必要とする方で、介護保険施設や医療機関などに入所・入院するに至らない程度の方とその家族が対象です。

福祉避難所への避難の流れ

1 災害の発生直後は、まず身の安全を確保するため、一般の指定避難所(小学校や地区公民館等)に避難してください。(自宅等から直接、福祉避難所へ避難することはできません。)
2 一般の指定避難所において、保健師等の健康調査等による所見に基づき、福祉避難所の受入れを調整し、福祉避難所へ移送が必要な対象者を決定します。
3 福祉避難所の受入体制が整ったところで、対象者を家族等の支援により福祉避難所に移送します。移送手段がない場合は、本市と受入施設等で調整して移送支援を行います。

避難の流れイメージ

注意事項

・ 福祉避難所は、受入スペースの確保や人員体制等が整い次第開設するため、災害発生後3日目を目途に開設することを基本としています。そのため、災害発生直後から受け入れることは原則できません。

福祉避難所一覧

本市では、67カ所を福祉避難所として指定しています。(うち10カ所は市外の施設になります)

福祉避難所開設・運営マニュアル

災害時に福祉避難所を円滑に開設・運営できるよう、福祉避難所の開設から閉鎖まで時系列で基本的な手順等をマニュアルにしたものです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 福祉計画課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3227 FAX:0263-34-3204

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。