このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

宅内の水道・下水道の工事をしたいとき

ページ番号:148-884-376

更新日:2016年1月8日

給排水設備工事(給水装置工事・排水設備工事)とは

道路に入っている水道本管から分かれて、ご家庭や事業所まで引き込まれた給水管・不凍栓・給水栓(蛇口)などの器具を総称して「給水装置」と呼びます。
この給水装置についての新設・改造・撤去及び大規模な修理のことを「給水装置工事」といいます。

ご家庭や事業所のトイレやキッチン、お風呂などから出される排水を公共汚水桝に接続し、下水道を利用できるようにした設備を総称して「排水設備」といいます。
この排水設備についての新設・改造・撤去および大規模な修理のことを「排水設備工事」といいます。

給水装置工事と排水設備工事を総称して「給排水設備工事」といいます。

例えば・・・

  • 家を新築、改築、増築するとき
  • 水道メーターの口径を変更するとき
  • 水道が漏水して配管のルートを変更するとき
  • 家を取り壊して給水装置・排水設備を撤去するとき
  • 汲み取り便所を水洗化するとき

こんな場合は「給排水設備工事」に該当します。

工事をどこに頼んだらいいのか

家屋の新築・増改築などで給排水設備工事を行うときには、事前に上下水道局へ工事の申請が必要になります。
上下水道局が指定する「給水装置工事事業者」・「排水設備指定工事店」(以下指定工事店)へ直接お申込みください。

宅内の給排水設備工事については、水道の漏水、排水の詰まりやにおいなどのトラブルを事前に防ぐため、一定の技術水準を持つ指定工事店でなければ施工できません。
また、工事の申請についても指定工事店がお客様に代わって工事の施工に必要な書類を作成し、上下水道局に申請します。

上下水道局では、申請に対して工事の施工方法や使用される材料が基準を満たしているか審査しています。

指定工事店については下記のリンク先をご参照ください。

事前の調査について

指定工事店では、お客様からの依頼を受けて工事に関する事前の調査を行いますが、営業課の窓口にてお客様ご自身でも水道本管の布設状況や宅内図面の確認等を行うこともできます。

但し、宅内図面については保存されていないケースもありますのでご了承ください。(特に合併地区の合併以前分については保存されていない事が多いです。)

工事の費用について

給排水設備についてはお客様の財産となりますので、工事の費用はお客様のご負担となります。

指定工事店では、工事の施工方法や使用する材料が国や上下水道局の定めた基準に従うことになっていますが、工事の費用についてはお客様と指定工事店との間で取り決めていただくことになります。
工事の内容や費用について複数の指定工事店に見積もりしてもらうなど、事前に十分な検討をしてから依頼することをお勧めします。

また、工事の費用とは別に次のような手数料が必要になります。 

給排水設備工事申請手数料
手数料 金額
給水装置設計審査手数料(1水栓につき) 6,000円
給水装置検査手数料(1水栓につき) 8,000円
排水設備確認手数料(1件につき) 1,000円

ただし、以下の場合は手数料がかかりません。

  • 水道本管からの取出しのみの場合
  • 使用期間3ヶ月以内の工事用の仮設の場合
  • メーターボックスの移設のみの場合
  • 水道メーターの口径変更のみの場合
  • 経路や器具を変更しない漏水修理工事

口径別分担金について

現在水道を引き込まれていない土地に新たに水道を引き込む場合は、以下の口径別分担金が必要になります。

「1水栓」あたりの金額(円) 平成27年4月1日適用(税込)
メーターの口径 松本地区 四賀地区 梓川地区 波田地区 安曇地区
13ミリ 30,800円 108,000円 108,000円 120,900円 108,000円
20ミリ 82,200円 162,000円 172,800円 241,900円 162,000円
25ミリ 164,500円 270,000円 324,000円 482,600円 280,800円
30ミリ 288,000円 378,000円 421,000円 799,800円 432,000円

※奈川地区の口径別分担金は0円です。

40ミリ以上の口径は省略しています。御入用の方は上下水道局までお問合せください。
メーターを大きくする場合は、変更後の口径と変更前の口径の差額となります。

下水道受益者負担金及び分担金について

受益者負担金または分担金が必要となる場合があります。
詳細につきましては、上下水道局までお問合せください。

3階直結給水方式について

道路に入っている水道本管から貯水槽を経由せずに、ご家庭や事業所に直接水道水を供給する方式を「直結給水方式」といいます。
松本市では、基本的に3階以上の建物については貯水槽方式で給水していますが、条件を満たした場合のみ「3階直結給水方式」を認めています。

主な条件は以下のとおりです。

  • 取出しする水道本管の口径が75ミリ以上(戸建住宅の場合は50ミリ以上)
  • 取出しする水道本管の水圧(最小動水圧)が確保されていること
  • 水道本管高と最高給水栓高の差が9.5メートル以下(地上8.0メートルまで)の建物であること
  • 給水管の口径は20ミリ以上
  • 3階への立ち上がり管は1・2階と別とすること

他にも適用条件があります。事前審査も必要となりますので、指定工事店にご相談ください。

宅内の水道・下水道の修理は

宅内での漏水や凍結、蛇口や配管の破損、水洗トイレの排水のつまりや器具等の故障などでお困りのときは、指定工事店へ直接お申込みください。

指定工事店については下記のリンク先をご参照ください。

お問い合わせ

上下水道局 営業課
〒390-0852 長野県松本市島立1490番地2
電話:0263-48-6850 FAX:0263-47-2137

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。