このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

上下水道指定工事店について

ページ番号:492-076-150

更新日:2020年6月29日

水まわりのトラブルは、指定工事店へご連絡ください

 宅地内での漏水、凍結、蛇口・立上り等の破損、水洗トイレなどの排水のつまり、器具等が故障したときは、市の指定工事店へ直接お申し込みください。

松本市指定給水装置工事事業者および松本市排水設備指定工事店一覧

      【注意点】
      1 松本市上下水道局は、宅内(個人敷地内)の給・排水工事は行っておりません。水洗化、給水装置および排水設備の修繕等については、必ず下記指定工事店に依頼してください。なお、指定工事店以外の施工は違法行為となります。
      2 上・下区分欄の「上水」は松本市指定給水装置工事事業者、「下水」は松本市排水設備指定工事店の資格の有無を示すものです。工事の区分毎に資格が異なりますので、確認のうえ依頼してください。
      3 工事以外の宅内給・排水管の通常の管理は使用者が行うことになっております。点検、洗浄および清掃を指定工事店に依頼する場合は、使用する皆さんの責任において行ってください。
      4 松本市上下水道局では宅内工事費等の標準単価は設定しておりません。 工事費は各工事店により異なりますので、施工の際には、数社から見積もりをとり、内容・金額等を検討し、納得のうえ契約するようにしてください。

    ※工事店一覧表は、工事店の所在地により地区別50音順で掲載したもので、営業の範囲を限定したものではありません。

    指定工事店申請関係について

    松本市上下水道局指定給水装置工事事業者申請について

    1 申請書(様式第1号)
    2 誓約書(様式第2号)※欠格要件に該当しないことの誓約書
    3 機械器具調書※適格要件の機械器具を有すること。
    4 給水装置工事主任技術者選任届(様式第6号)※給水装置工事主任技術者免状の写し添付
    5 各種証明書
    〇法人 (1)定款又は寄付行為 (2)登記事項証明書(法務局で発行のもの)
    〇個人 (1)住民票の写し(市役所等で発行のもの)
     ※ 各種証明書は、直近3ヵ月以内のものとする。
    6 営業所の位置図、平面図(見取り図)及び営業所の写真、機械器具写真
     ※ 営業所の写真は、会社名がわかる看板、表札を含めた外観及び室内の状況がわかるもの。(5枚以上)
     ※ 機械器具写真は、管切断用、管加工用、その他の接合用、水圧テストポンプの器具別に撮影すること。
    7 指定給水装置工事事業者確認調書
     ※ 水道法の一部改正に伴う指定給水装置工事事業者制度への指定の更新制の導入に基づく確認事項
    8 指定手数料(10,000円)
     ※ 後日納付書を送付しますので、金融機関にて納付してください。

    【工事店の適格要件】
    1 事業所ごとに、給水装置工事主任技術者を1名以上選任すること。
    (1)一の事業所の主任技術者が同時に他の事業所の主任技術者をならないこと。
    (2)ただし、一の主任技術者が該当二以上の主任技術者をなってもその職務に支障がないときは、この限りではない。(水道事業者からの検査等の立会いを求められたときに応じることができるか)

    2 厚生労働省令で定める機械器具を有すること。
    (1)金切りのこ、その他管切断用の機械器具
    (2)やすり、パイプねじ切り器、その他の管加工用の機械器具
    (3)トーチランプ、パイプレンチ、その他の接合用の機械器具
    (4)水圧テストポンプ

    3 一定の欠格要件に該当しないこと。

    申請様式

    PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
    お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
    Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

    お問い合わせ

    上下水道局 総務課
    〒390-0852 長野県松本市島立1490番地2
    電話:0263-48-6800 FAX:0263-47-2137

    この担当課にメールを送る

    本文ここまで

    サブナビゲーションここから

    以下フッターです。