このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

汚れた水はどうやってきれいにしているの

ページ番号:837-841-259

更新日:2016年2月10日

浄化施設のしくみ

浄化センターでは、汚れた水をさまざまな池で、水と汚泥に分けていきます。

水に溶けない汚れを沈めた後の水は、反応タンクへ送られ、微生物が汚れを食べることによって、だんだん水はきれいになっていきます。

汚れを食べて重くなった微生物を沈ませて、きれいになった上澄み水を塩素消毒して川へ放流します。

浄化施設のしくみの説明図
浄化施設のしくみ

各池で沈んだ汚泥は、濃縮・消化(分解)・脱水という過程をへて、脱水ケーキとして搬出し、セメント原料としてリサイクルしています。

汚泥を消化するときに発生したメタンガスで発電し、浄化センターで使ったり電力会社へ売っています。

消化ガス発電設備

消化ガス発電設備の写真
消化ガス発電設備

微生物の働き

反応タンクにいる汚れを食べる微生物たち

微生物の働きの説明図
微生物の働き

微生物の動画

微生物が汚れを食べる様子を、動画でご覧ください。

などの微生物が汚れを食べてくれます。

水質検査

浄化センターでは、どのくらい汚れた水が入ってきたか、きちんときれいな水になったか調べるため、水質検査をしています。

お問い合わせ

上下水道局 下水道課
〒390-0852 長野県松本市島立1490番地2
電話:0263-48-6840 FAX:0263-47-2137

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。