このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

個人市民税(住民税)のよくある質問

ページ番号:983-425-406

更新日:2017年2月16日

サラリーマンで申告が必要な場合は?

回答

年末調整をしていない(就職、退職等)場合、ほかにも収入がある場合、医療費控除等を受けたい場合等です。
※所得税の確定申告等が必要な場合もあります。

昨年9月に会社を退職し、その後勤めていないのですが、申告の必要がありますか。

回答

年末調整の済んでいない源泉徴収票をお持ちの方は、所得税の清算が済んでいないので、税務署に所得税の確定申告をしてください。確定申告をした場合、市県民税の申告書の提出は必要ありません。確定申告の詳細については税務署にお尋ねください。
源泉徴収票がない場合は、再発行を事業所に依頼してください。再発行ができない場合は税務署にお問い合わせください。

全く収入がなかった場合、申告は必要ですか?

回答

昨年収入がなかった方のうち、市内に住所があるご家族に扶養されていて、税法上の被扶養者として所得税・市県民税の申告、あるいは年末調整の際に届けられていれば申告の必要はありません。それ以外の方は収入の有無に関わらず申告の必要があります。

夫が平成28年10月に死亡したのですが申告は必要ですか?

回答

市県民税はその年の1月1月現在で市内にお住まいの方に課税されるため、29年度の市県民税はかかりません。そのため、市県民税の申告は必要ありません。
ただし、上記の場合でも所得税の準確定申告が必要な場合もあります。

パート(アルバイト)の収入はいくらまで税金がかからないのですか?

回答

パート(アルバイト)収入は税法上は給与所得(アルバイトも同様)となります。市県民税の均等割がかからない場合は、収入で965,000円以下(扶養なしの場合)です。所得税がかからない場合は同収入で1,030,000円以下の場合です。
 ※実際は扶養、所得控除の金額により異なります。

私はアルバイトで年収100万円ありました。同居の父の扶養になれますか。また税金はかかるのでしょうか?

回答

扶養になれます。所得税は0円、市県民税は扶養等の控除がない場合は5,500円となります。

※所得が38万円以下の方は扶養になれます。
※アルバイト収入は税法上給与収入となります。給与収入100万円ですと給与所得は35万円で、38万円以下ですので扶養控除の対象となります。
 また所得税の基礎控除額は38万円で給与所得の35万円より多いため所得税はかかりません。市県民税額は所得の合計金額で315,000円を超えるかたは均等割の5,500円(市 3,500円、県 2,000円)となります。(扶養控除等がない場合)
 平成26年度から平成35年度の10年間に限り、市県民税の均等割の標準税率を、市民税県民税いずれも年額500円引上げることになりました。詳しくは「平成26年度 市県民税の改正点」をご覧ください。

均等割や所得割が非課税となる基準につきましてはこちらをご覧ください。

年の途中で転出(松本市以外に)した場合の市県民税は?

回答

市県民税は1月1日現在の実際の居住地に1年間分を納めていただきます。年の中途で転出したからといって、転出先の市町村に途中から納めることはありません。

今まで会社の給料から市県民税が天引きされていましたが、28年3月末で退職しました。その年に、27年度分と28年度分の市県民税の納税通知書が送られてきましたが、27年度分は支払済ではないのですか。

回答

市県民税は、前年の収入に基づき翌年の6月に課税されます。徴収方法には、「特別徴収」と「普通徴収」のふたつの方法があります。「特別徴収」は、6月から翌年の5月までの12回の給与で市県民税を天引きする方法です。あなたの場合3月に退職されましたので、28年の4,5月に天引きする予定であった27年度分の市県民税が給与等から天引きできなくなり、ご自宅に「普通徴収」の納税通知書が送られました。28年度の市県民税と併せてお支払ください。また最後の給与等で5月までの市県民税を一括徴収する場合もありますが引ききれないような場合、今回のように「普通徴収」としてご自宅あてに納税通知書が送られる場合があります。

私は今年の3月に会社を退職しました。その後再就職が決まりましたが、6月に自宅に納税通知書が届きました。今年度の市県民税を新しい会社の給料から天引きにすることができますか。

回答

まず、会社の給与担当者にご相談ください。会社の担当者から市民税課の担当に連絡をいただければ、特別徴収に切り替えます。ただし、会社の都合等により給与からの天引きができない場合がありますので、ご了解ください。

関連情報

所得税関係はこちらからどうぞ!

お問い合わせ

財政部 市民税課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎2階)
電話:0263-34-3232 FAX:0263-36-9345

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。