このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

松本市美術館企画展「堤 清二 セゾン文化、という革命をおこした男。」

ページ番号:143-697-221

更新日:2017年4月16日

カレンダー形式で見る

実業家・堤清二(昭和2年から平成25年)が設立した西武美術館は、国内外の現代美術を積極的に紹介し、常に時代をリードしました。本展覧会では、セゾン現代美術館の所蔵品を軸に、堤の交友関係、「セゾン文化」を支えた人々の仕事にせまります。また、松本市美術館の顧問を務めた堤が、詩人・辻井喬として当館の自主企画展のために書き下ろした10本の詩を、当館所蔵品とともにご紹介します。展覧会の企図を解き、珠玉のことばでつづられた詩をご堪能ください。

展覧会情報

  • 会期 平成29年4月21日(金曜日) から6月11日(日曜日)まで
  • 開館時間 午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)
  • 休館日 月曜日 ただし、5月1日・29日は臨時開館
  • 会場 企画展示室
  • 観覧料 大人1,000円、大学高校生・70歳以上の松本市民600円 (20名以上の団体は各100円引き。中学生以下無料、障害者手帳携帯者とその介助者1名無料)、リピート割引あり
  • 優待日 4月21日(開館記念日)と5月1日(市制施行記念日)は、観覧料が半額
  • 5月27日(土曜日)・28日(日曜日)は、「バスDAYまつもと」のバス発着場となるため、松本市美術館駐車場はご利用いただけません。公共交通機関をご利用ください。

パウル・クレー 《セイレーンの卵》 セゾン現代美術館蔵
パウル・クレー《セイレーンの卵》昭和14年 セゾン現代美術館蔵

詳しくは、松本市美術館ホームページをご覧ください

チラシはこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

松本市美術館
〒390-0811 長野県松本市中央4丁目2番22号
電話:0263-39-7400 FAX:0263-39-3400

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。